スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホースマン

2010年10月04日 12:30

HORSEMAN VH-Rを手に入れて以来、いろいろとトライしてるんですけど、
なんか格段にこのカメラは難しい感じですねぇ。
どうもいろいろ使いこなせません。
あげく、レンジファインダーで撮ってるのにチルトとかスィングとかして
みたりして、当然のように仕上がりはわけのわからないことに。
VH-Rで撮った写真の歩留まりは悪すぎです…。

やれやれや。

VHR_ROLL004_img008
これはレンジファインダーで。
TOPCORもFUJINONもとても好きな感じで写ります。
うーん、なんか贅沢な撮り方のような気がしてきた。

VHR_ROLL006_img001
これがレンジでとりつつスィングとかしちゃって妙なピント範囲になっちゃったもの。
奥までピントがあいつつ左右がボケるという…。
まぁ、レンジファインダー覗いててもこの効果はわからんわけで、なんつーいいかげんな撮り方なんだろう。

それはそれとして、そもそも、ピントグラス見ながらいろいろ決めるのが超が付くほどめんどくさい。
まず、暗い。最近手に入れたAPO-RONARはF9からだし…。
というか、ピントグラス自体があんまりいい状態じゃないのかもしれません。
それと三脚。
ピントグラス外してフィルホルダー付け替えるだけでなんか動いちゃう感じで。
まぁ、これはもっとちゃんとした三脚を手入れろよ、ってことなんでしょうけど、
どーも三脚は何にしたらいいかさっぱりわからない。
考えなきゃいけない要素が多すぎるんだよなぁ、三脚。
とはいえミズタニさんみたいに三脚フェチもいらっしゃるわけで、
嵌れば嵌るのか。

うーむ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hmzd.blog77.fc2.com/tb.php/537-cf201b99
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。