スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C220

2010年06月09日 12:30

日曜日にI.C.S第13回世界の中古カメラフェアというのに行ってきました。
要は、I.C.S輸入カメラ協会というのに所属している店舗が一堂に出店すフェア、ということだそうで。

この日は10,900円コーナーというのがあって、どうもお安く買えるみたいなので見てみると、マミヤのC220が…。
Pentax6x7の対抗馬で上位機種のC330を調べてたこともあり、この値段とみると、グラッときてしまい。
特別コーナーだけに出店している各店舗から手伝いの人が入れ替わり立ち替わりで、いろんなお店の人に使い方を教えてもらって、中にはフィルムカメラにはまり始めたきっかけになったKONICA SIIを購入した上野のお店のおじさんがいて、なんと覚えててくれて。て、あれやこれやしてるうちになんとかいけそうだったので購入。初の二眼レフをゲットです。
買った後に売り子のおじさんから、「わからないことがあれば、このフェアで買ったっていえばここに出してるお店ならどこでも相談のってくれるよ」とのお言葉。力強いっす。

_IGP2296

で、難点がひとつあり、フィルムカバーのモルトがこれでもかっていうほどボロッボロ。
帰りがけに新宿ヨドでモルトをゲットし、すぐ修理。
モルト張替もだいぶ慣れてきた感じ。
説明書は英語だけど手に入ったのでいろいろ読んでみると、このカメラの特徴である接写時には、パララックスと露出を補正しなきゃいけないんだとか。なかなか、難しい感じ。まぁ、ついてきた80mmレンズの場合、2mくらい離れた被写体なら補正の必要はないんだけども。
ふーむ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hmzd.blog77.fc2.com/tb.php/488-12de1a45
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。