スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポラロイドとかバケペンとか

2010年06月06日 22:00

ポラロイドバックへのフィルムの入れ方。
ブロニカEC用のポラバックを購入した新宿の某カメラ市場の売り場のあんちゃんからは、

「ケース内みればわかりますから」

と取り付く島もない感じで突き放されて…。

ミズタニの若旦那を見習え。

それはそれとして、とにかく正しいローディング方法がわからない。
ネットで文献探しても見つからず。

適当にやってればなんとかなるか、と思って2本(計20枚…)浪費して諦めかけて。
instax miniとかチェキのとかは使えなくて、ピールアパートタイプっていうので、白黒で千5,6百円くらい、カラーで2千円くらい…。まぁ、フィルム買って現像して、ってやれば今や1本1000円くらいは掛かるわけですごい差があるわけでもないんだけども…。

もう一度ネットでローディング方法の文献を探しても無く。

「もう、ダ、ダメなのか…。
 こうなったら、筋違いだけどミズタニの若旦那に聞くか…。
 でもなぁ、最近ミズタニにお金落としてないしなぁ。」

とか色々考えつつも、動画は?ということで、あっさりYoutubeで発見。ポラバックってメーカーや型は違えど機構はほぼ同じらしいのでETRのポラバックのローディングから現像まで一連の動作を動画で見れて。
やあ、助かった。

「そうか、あそこから黒紙出すんじゃなかったんだ…。
 どうりで白紙出てこないわけだ。
 ん?白紙はそこからじゃないのか?
 どうりで色紙でてきても次の白紙出てこないわけだ…。」

とか、いかに滅茶苦茶やっていたかが偲ばれる(フィルムを引き抜くたびに奥様と一喜一憂)わけですが、いまや完璧にわかりましたよ。

ECTL_75mm_400_img001

むりくりフィルムシート突っ込んだ結果…。スジ、出てますね。

ECTL_200mm_100_img005

ちゃんとローディングすれば、ホラ、こんなに奇麗に。(当たり前だ)

結構面白いのがいわゆるKODAKのポラロイドカメラみたいに、撮ればベローって写真が出てきてだんだん画像が浮かんでくる、っていうわけではなくて、写真を撮るときはフィルム面がちゃんと分離されてるんだけど、引き抜くときに、現像液(液というか粘度の高い何か)の付いてる紙がフィルム面とくっついて出てきて現像開始、一定時間たったらメリって剥がして出来上がり。(これがピールアパートタイプ、ってことなんだろうね)

ムラなく現像液を浸透させるためにフィルムを引き抜くスピードを一定速度でゆっくりせよ、とか、気温で現像時間が変わってきたりする。これっていろんな条件で試すと面白い仕上がりの写真にならないかなぁ、と。例えば、気温20℃だと現像時間30秒とかのところを、冷蔵庫とか冷凍庫にいれてみたらどうなるかなぁ、とか。お湯につけたらどうだろう、とか。お茶につけたらどうだろう、とか。温度の変化をミックスさせてみたりしたらどうだろう、とか。ローディングに失敗したときにポラロイドバック開いて、いろいろ弄ってたとき、露光してないやつをローダーに挟んで現像してみたらなんだかデカルコマニーみたいに綺麗なのが出てきたりしてちょっとおもしろかったり、っていのもなにか楽しそうな予感を感じさせてくれたり。

ええ、私は滅茶苦茶ですよ。

まぁ別にポラロイド的なおしゃれっつーか、ほわっとしたのを撮りたいわけでもなくて単に露出の具合での仕上がりがこう変わるのね、とかそういうとこがすごい勉強になるわけなんですけどね。スポットメーターで計って、これでバッチリだろう、と思って撮ってもアンダーだったりしたときに取り直してみて出来上がりの違いを確認できたり。
いや、普通のフィルムでも分かるはずなんだけど、現像上がってくる頃には大体わすれてんだよなぁ。それにスキャンするときに補正かかっちゃう(というかかけちゃう)んで、データ化したのを見てもあてにならないし。

そもそもちゃんと1枚撮るごとに設定とか書き込んでおけばいいんだけどね。いや、やったことはあるんだけど長続きしない…。横着というかメンドウというか、スナップとかで一々手間隙かけたくないという、その割にはちゃんと撮りたい、まぁ、矛盾といえば矛盾なんだけど。

それはそれとして、
Pentax6x7で初めて撮ったポジが上がってきました。

カラーなんですけど(昔は白黒のポジ、っていういうのもあったらしい)、やはり、レンズが黄変している105mmの方は全体に黄みがかってますね。青空が黄みがかってる…。
うーむ。白黒専用と考えるしかないか…。
90mmのほうは優秀というか綺麗すぎるっていうか、ちゃんとしてるっていうか、そんな感じ。
当たり前か。

とりあえずヤバそうなのはピント。
これは、っと思って撮ったのがほとんど合ってない…。
とくにピントを合わせたいメインの被写体を画面端の方にした構図でズレてるのが多くて。どうも前ピンになってる。
一応、ピント合わせたいところをセンターにしてそれから構図をズラすようにしてるんだけど、構図決めて撮るまでに端っこに移ってるメインの被写体が気になってなんかピントいじっちゃって気がしないでもない…。
うーむ。
ファインダーの暗さもブロニカとトントンだし、問題は乱視のほうかもしれない。けどメガネかけるとファインダー覗けないんだよなぁ。

それと、10枚目が途中で切れる、っていうか、10枚目がフィルムの終わりを跨いでいる問題があって、現像してくれたラボからの指摘ではコマ間が長いとこがあるとか…。
うーむ。こういうのを直そうとすると高く付くんだろうなぁ。フィルム開始位置ズラすのも本質的じゃないし。5枚目あたりから巻き取りが重くなるのも関係してるかも…。
うーむ。

そうそう、それとプリズムファインダーの裏のモルトがボロボロネバネバしててフォーカシングスクリーンにポロポロ落ち始めていたので、自分で張替え。
モルトの厚みでファインダーの見た目と実際の写真でピントがズレる可能性もあるので躊躇したんだが、ヨドバシに売ってたので一番薄いのが1.5mm厚で、とりあえずそれでやったんだけど、いいんだろうか…。
うーむ。

P6x7_ROLL4_img003

90mmは黄変してないので奇麗に発色してるようです。
しかし、ピンクのヘルメット。

P6x7_ROLL1_img008

105mmは黄変してるけど、白黒なら問題なし。
けど、これが実は10枚目で、画像の上のほうに穴があいてます…。これは左下約1/2を切り出してるものですが、それでも135フィルムと面積は一緒、なんですよねぇ。

そしてそして、
カメラがもう一台…。
さすがに奥様に話すときにドモリがちにならざるを得なかったんすが、2台目のバケペン、Pentax6x7のポラロイドバックが到着。
まぁ、レンズ無しで値段としては安かったんですけどね。まさか、ブロニカEC-TL用のポラバックが見つかるとは思ってなかったんで…。
あと二日早ければ買わずに済んだのに…。(じゃぁ、ブロニカの方買わなきゃいいじゃん、というのは却下)
なんせ、ブロニカみたいにフィルムマガジンが外れるカメラではないので、当然ポラバック部分ははずせない。なのでこっちのPentax6x7はただのバカでかいポラロイドカメラでしかないわけで…。
しかし、届いた固体にはミラーアップは付いてるし、プリズムファインダーは後期型(綺麗)だし、背中だけ取り替えようかと思っていたら、ポラバックを取り付けるためにボディを削っていて、なんとバッテリーチェックのランプとボタンがない…。ということで野望終了。

しかし昔のプロみたいにフィルムで撮る前にポラで試したい場合はポラ撮影のためだけにバケペンもう一台持ち込んだってことですかね。こりゃ大変だ。
でも、厳密にはそれって固体が違うからまったく同じ写真は撮れないような気はしますけど…。
いいんだけど。

で、とりあえず、ポラバックをお掃除(相当汚かった)してから写してみたんですが、さすがにローディングを覚えたおかげであっさりと普通に撮れました、とさ。

P6x7_90mm_400_img004

ただ、スジつくんすよね。これはポラバックの問題なんだろうけど、ローダーにガタが来てるのかも。
スポンサーサイト


コメント

  1. ueda | URL | -

    Re: ポラロイドとかバケペンとか

    サタニさま

    初めまして。uedaと申します。最近、知り合いの中古カメラ店のおやじさんに勧められて、ブロニカECを購入しました。ネットでの検索中に、こちらにお邪魔いたしました。よろしくお願いします。サタニさまの記事に、ポラロイドパックの記述があり、自分も試してみたくなりました。早速、ネットで調べたところ、ある中古カメラ店に、EC用のポラロイドパックの在庫があることを確認することができました。しかし、ポラロイド用のフィルムは行きつけのカメラのキタムラには無いとのことでした。サタニさまはどちらで購入されましたでしょうか。情報がありましたらお教えください。よろしくお願いします。m(_ _)m

  2. サタニです。 | URL | 0qv/aNyk

    Re: ポラロイドとかバケペンとか

    uedaさんへ

    はじめまして、サタニです。

    ブロニカEC購入、おめでとうございます!
    EC、EC-TL用のポラバックはなかなか出回らないのでラッキーですね!

    EC、EC-TL用のポラロイドバックに使用できるフィルムで日本で現在生産しているもので手に入るのは、
    フジフィルムのピールアパートタイプのものです。
    (海外でもなにかあるかもしれませんが、情報を持ってないです)

    製品情報は以下に詳しいです。
    http://fujifilm.jp/business/photo/fotorama/film001.html

    量販店(ビックカメラとか)ならほぼ手に入ります。
    いったん品切れになるとしばらく欠品が続くこともありますが。
    白黒のISO400は生産終了ですが、まだごくたまに並ぶこともあります。

    すてきな写真が撮れますようにお祈りしております。
    では。

  3. ueda | URL | -

    Re: ポラロイドとかバケペンとか

    サタニさま 貴重な情報、ありがとうございました。教えていただいた情報をもとに、近所のビックカメラに問い合わせたところ在庫があるようでした。このたびはご親切にお教えくださって、ありがとうございました。中判カメラは、蛇腹(スプリングカメラ)のセミパールに始まり、二眼レフのプリモフレックスと渡り、ブロニカECにたどり着き(?)ました。サタニさまの大判を見ると、それもいいなあと思うようになってきた自分が・・・。いかんいかん。まだまだカメラを渡りあるく自分が・・・。ダメですねえ~。最近忙しくてなかなかECにフィルムを装填できていませんが、天気の良い日に撮影に出かけたいと思います。サタニさまの、こちらのブログとflickrの方を「お気に入り」に登録させていただきました。これから毎日拝見させていただきます!今後ともお世話になります。長くなりましてすみませんでした。m(_ _)m

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hmzd.blog77.fc2.com/tb.php/485-01571111
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。