スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NDAJ 埼玉リーグ 2009 3rdシーズン 埼玉西Aディビジョン第6節( vs たまご倶楽部 @ ZI-6491)

2009年10月30日 16:02

長いよ。

ということで、
調べてみたら1年ぶり、久しぶりにリーグ戦に出場しました。

いやぁ、僕、今年の年会費、払ってたんだなぁ。
って、試合後に教えられました。
へぇ。

ま、それはそれとして。

今回は、こう、なんというか、その、あらゆる面で納得してから挑もう、と思っていて、せめてカウントアップで1000点だしてから出たいと思っていたのですが、実際は数回900点越えるのが精一杯で。
DW-J様には、「それよりリーグ出ちゃったほうがいいですよ」とアドバイス頂いたので、

「んーと…、じゃ、それで」

という軽い感じで出てしまいました。

いや、嘘です。

全然、軽くありません。

チームというか、メンバがですね、1年前とは様変わりしてたんですよ。
ダイさんとかトミーとか新顔、っていうことだけではなくて、レガシーメンバ含めて違ってた感じ。
スタッツ一つとってもそうですけど、ダーツに向かう姿勢っていうんでしょうかね。

まぁ考えてみれば、ここ1,2年の間、Baby-Ziが出来たり、プレーオフで散々辛酸を嘗めたり、最近は同じディビジョンに強いチームが増えてきたりで、どうしても勝ちたいと思えば思うほど、普段投げたり試合に臨む姿勢っていうのは変わっていくもんなんだな、と思いました。2007年の1月、初めてチームに参加したときはそういう感じでもなくて、まぁ和気藹々的な感じであったわけですが、結果的にこうなるのが必然であったにせよ、チームとしての成長という意味でメンバ個々が自然とそうなってきたってところにとても意味があるんだと思います。
ま、当時誰かに”勝敗至上!”って言われてもピンと来ないのは当たり前で、負けの悔しさを身をもって知って変わってきたんだと思います。

今回ダーツを再開してからチームの連中を見てみると、半部外者の僕にもそういうのがビシビシと伝わってきたので、これは軽い気持ちでは望めないぞ、と思ってまして。そりゃみんなよりは入りませんが、少なくとも気持ちだけは同じレベルに持っていかないと、ということで。

もちろん、メンバ個々の姿勢が”どう見えるか”とか”こうあるべきでは”っていうのは十人十色、それぞれ異なっているものではあると思います。
実際のところ単純に”人より入っている”とか”強い”とかの結果的側面は分かり易いし、結果はもちろん重要なわけですけど、それと同じくらい、個々のメンバが”チームで勝つぜ”とか”誰にも負けないぜ”っていう気持ちを持ってダーツしている、っていうのは何かしら形に表れてくるし、他の人にも伝わるもんなんですね。

ま、頭の中の妄想で念じていればダーツが入るわけでもないわけですから。

自分にしてみればそもそも身の回りのことや仕事を理由に長期間投げていなかったわけですが、その実、チームで投げる、っていう意味がいまいちわからなくて楽しみを見出せないでいたし、実力的にも仲間より劣ってるとかそういう劣等感が根底にあって疎遠になっていった、っていうのもあながち間違いではないわけで。なので、今回再開するにあたって、ゼロからスタートしてダーツを楽しみたい、っていうのと、チームに戻って受け入れてもらうにはまず気持ちが大事で、ガムシャラにいく、っていうのがあって。まぁ、テーマ、というかそういう感じで。
正直、昔みたいなリクリエーション的なチームだったらここまで考えないし、逆に魅力もない感じなわけで、このチームに戻れてほんとにラッキーです。
投げてないときもいつも誘ってくれたキャプテンには頭があがりません。
さすが、キャプテン。

今回のゲーム自体は終わってみれば酷い出来でしたが、出させてもらった4ゲームすべて勝てたので、今回は勘弁してください。01のスタッツ見ると吐き気がしてきますけどね。51上がりなのに、完全に頭真っ白で自信を持って57フィニッシュしてバーストしてみたりね。

あほかと。
ハードじゃあるまいし、どんだけ緊張してるんだと。

チームが優勝争いに絡めない状態だったとはいえ、7人もいたのに4ゲームも出させてもらったのがありがたい。勝ち星で貢献できたのは何よりうれしいことです。

さて。

カウントアップ1000点は、何か吹っ切れたらいくような感じがしなくもないです。かなり楽天的憶測ですが。なんかハットが2,3回続くともうメロメロなんすよねぇ。この辺はもっと自意識過剰にならんといけん気がします。レーティングもチームメートがほとんどAとかAAなんで、なんとか自分もということでがんばってますが、
昨日、気づいたらAになってて。
まぁ、アレだけ入らないでよくAになったなぁ、と思わなくもなかったんですが、
その後、AKIKOちゃんとDW-J様と3時間くらい打ち続けたら、見事BB復帰。
ははははh。

やさぐれてますがなにか?

ひとしきり投げた後J様に色々聞いたんですけど、何が悪いって、もちろん色々技術的なこともさることながら、一番は気の持ちよう、だけのような気がします。そこが一番難しくて実は面白いとこなのかも知れません。

なんかこないかなぁ、こう、おー、こうかー、イエーイ、っていう根拠がなくてもいいからそんな自信が。
ま、投げるしかやることないけど。

ん?禅寺でもいくか。
悟りなんて裏を返せば究極の自意識過剰だもんな、きっと。
禅寺でダーツ。
禅ダーツ。
きっと警策で叩かれますな。

そうか、酒で緊張抜くっていうのもあるか。
あるか?
スポンサーサイト


コメント

  1. シガ | URL | -

    Re: NDAJ 埼玉リーグ 2009 3rdシーズン 埼玉西Aディビジョン第6節( vs たまご倶楽部 @ ZI-6491)

    こんなにも悩める趣味って最高!・・・じゃないですか?
    これからもイライラ感を楽しみましょう♪ お互いに!

  2. koguma | URL | -

    彼氏にDVされてません

    彼氏いませんから。

    僕も、悩んで楽しんで緊張して楽しんでます。
    なかなか思うように行かないけど、僕はダーツを知らなかったらスポーツにおいて“努力すればいつか報われる”って事が理解できなかったと思います。以前は競技って全部才能だと思ってました。努力で補える部分ってかなり大きいみたいです。
    お互い頑張ってみましょう!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hmzd.blog77.fc2.com/tb.php/455-3170c89f
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。