スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本質。

2009年07月25日 10:00

BR3A_R7_img036

僕が何を考えてこれを撮ったか分かった人は、ちょっとすごいです。
というくらい、撮った人とこれを観た人で、この写真から受ける印象は違うと思います。

カメラは、つまりそういうものです。
ま、カメラに限らず歌でも絵でも文章でも、人から作り出されるものは皆そうなんだと思いますが。

観たものから受ける印象で、撮った人のことまでわかるのか、というのも考えてしまうことの一つです。
しかし、まぁ、よくわかりません。いろいろと。

それはそれとして。

ただ、写真機のある種の暴力的なまでな描写力にはいつもドキドキします。
肉眼ではわからないところまで克明に記録しちゃいますからね。
僕の場合、最近は少しピンボケの写真のほうが落ち着いて写真を見れたりします。
もしかすると、僕の現実逃避具合と比例しているのかもしれません。
もう、デジタル一眼のオートフォーカスなんて、出来上がりが怖いですもの。
綺麗過ぎて。
逆に、非現実的な何かを感じてしまいます。

撮り手の意図とはかけ離れた力がカメラにはあると思います。
それがいいとか悪いとかはわかりません。

カメラを使っていると、ちょっと違う表現をしたいなぁと思ったときに、どうしたらいいのかわからないことばかりだなぁ、と思うだけです。ま、そこが面白いところではありますが。
毎日そんなことを考えて写真を撮っております。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hmzd.blog77.fc2.com/tb.php/439-746e5d3b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。