スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならベッサ、そしてこんにちは。

2009年07月12日 10:00

_DSC7342

えー、なんのこっちゃわからんタイトルですが、こういうことです。

届いたその日からファインダーの二重像の縦ズレ(動くほうの像が少し下にある状態)がわかってたんですが、1週間使ってみて、やはりこれはちょっと我慢できないな、という結論に。
90mmのエルマリートで遠くのもの(小さく見えるもの)にピントを合わせ場合や、至近距離でもたとえば奥様の眼にピントを合わせようと思うとやはり、睫毛とか眼尻とかで合わせるわけで、これも小さいので左右が合っていても縦がずれているとボヤけて見えるのでいつまでたってもピント合わせが終わらない、みなたいな。
これだとあとで写真をみてピントがずれてる時に、レンズに問題があるのかそれともピントの合わせ方に問題があったのか判断つかなくなるので修理してもらうか返品するかで新宿の某中古カメラ屋に。

結局、修理には1か月弱という信じられない時間がかかる、ということだったので返品しました。

その場で台替えをお願いし、R3系であったのがR3M。
これはR3Aが絞り優先の自動露出と電池がないとシャッターが下りないタイプと比較すると、自動露出はなし、ただし電池がなくてもシャッターがおりるメカニカルシャッター。電池あると露出自体はオーバーかアンダーか教えてくれはします。
ま、もともとR3M狙いだったからいいのか。レンズはゾナー40mmF2.8からNOKTON40mmF1.4。明るいのがいいです。写りみは…、よくわかりません。新宿ヨドで43mmのY2フィルター探してもらったけどなくて、結局、43→52mmのステップアップリングと52mmのY2フィルターのセットを購入。
カメラだけはいっぱしの白黒写真家みたいだ。

ということで、
さらば、bessa R3A。
flickrにオーストリア人のR3A友達できたのにな。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hmzd.blog77.fc2.com/tb.php/426-5ebe4770
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。