スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな感じなんだが

2006年10月02日 02:14

Killer57って、ことさらT19に入りやすいわけじゃ、ないのなー。
‥すみません。

忙しい‥、仕事が。
おまけに和光市で人身事故で1時間待ち。
帰宅は1時‥。
あのなぁ。

でもダーツはしますよ。
こういう時でもできるのがダーツのいいとこと。

こういう時間の余裕が無いときはどうすればいいのかわからないので、とりあえず、BULL狙いで調子のいいときをイメージして。

 狙いのときの腕の高さ、高めが吉なのはわかったが、
BULLに対して、”ここだっ”という場所が見つからない、
 多少上下しても入るときは入るし、入らないときは入らない‥。
当たり前か。

 肘から上はリラックスして。ダーツの重みを感じる。
ダーツが変な飛び方をしている時や中指に引っかかる
 (スリーフィンガーなので)時は大体、力んでいるとき。

 バックスイングでは肘の位置を上下させないように。
でも、あまり意識しすぎると腕が振れなくなるのでほどほどに。

 リリースも、”ここだっ”っていう位置はまだはっきりしてない。
事後確認でBULL入ったら”この辺なんだだな‥”って感じ。

 フォローはターゲットへ手を伸ばす。

こんなグダグダでも、何回かはBULLに入るんだが、まだ確度が低い‥。
それと、リズムが毎回変わりやすいのも問題だ。
DartWorldnのSGさんは、”1,2,3”とかでリズム刻んでる、って言ってたけど、なかなかそれが頭で理解できない。いや、理解はできてるんだけど、自分にあったテンポを音でイメージできない。

はぁ、問題だらけだなぁ。

BULL練のあとは、ラウンド・ザ・クロック。
ゲーム中の最大の悩みは高低の打ちわけ。BULLを狙うときは割合、スッと腕が伸びるんだけど、上や下になったとたん別人のような投げ方に。高さだけじゃなく、左右にも良くブレる。BULLに投げるのと同じイメージで投げられればいいんだけども、何かでブレーキが効いている感じ。

うーん。

2時半に就寝。
やれやれ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hmzd.blog77.fc2.com/tb.php/38-11747c0b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。