スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一周忌、納骨。

2009年05月23日 10:00

納骨

ということで、
早いもので先週末は父親の一周忌で納骨しに舞鶴へ。
菩提寺は舞鶴の金剛院。
遠いですね、舞鶴。
泊まりがけでいったので、日帰りと較べたら楽ではありますが。
天気もあまり良くなく、いつも雨が降ってる状態でしたが、本降りだったのはほんとにちょっとの間だけ(といっても納骨のときがピークだったんだけど)でまさしく涙雨という感じでした。法要すんだら雨止んでた。

雨なんでまずカメラは使いたくない状況だったんですが、母親から、”ちゃんと撮ってるんでしょうね”という圧力をかけられたので、半分渋々ながら撮りましたよ。しかし、傘で片手でがふさがるので、MFはまず機動力にかけて。ほとんどがキットレンズで。しかし、このレンズ嫌いなんだよなぁ。湾曲もさらことながら色のりがなんか変なように感じるので。とはいえ、背に腹は代えられず。AF、手ぶれ補正の恩恵で片手でD90で撮りまくりました。ということでよっぽど色が綺麗でないと、というか色を見せたものでない限り、モノクロへコンバート。

え?もちろんカメラは雨に濡れましたよ。
濡れないわけがない。

でも誰に文句が言える?

ま、悪態はつきましたが。

金剛院のもみじ

しかし、舞鶴は自然が色濃かったです。夏か冬しか訪れたことがなかったので、新緑の季節の山の美しさには目を奪われました。
しかし、上手くスナップすることができませんでしたね。いまいち自然を撮るのが腑に落ちてないみたいです。当たり前、というか面白くない写真のオンパレードでした。街中もとても面白い風景がたくさんあったんですけど、上手いこと写せませんでした。雨のせいもあるとは思いますが、なんというか東舞鶴に対してどうも心情的に困惑しているような感じで、シャッター切ってる間気落ちがずっとザワザワしてる感じで。

うまく心情を表現できないんですけど、父親のこととか親戚のこととか色んなことが心にある土地だけに、その辺を写すのとはちょっとわけが違うようです。行くまではそんなこと全然考えてなかったんですけどねぇ。とにかく、街の写真(そんなに撮れなかったけど)はつまらないものばかりでした。

できれば1週間くらいゆっくりと時間をとって歩き回ったらすこしはまともな撮影がでるかなぁ、と思いました。変な話、叔父達や叔母達に丸一日くっついて写真を撮る、っていうのも面白いかもしれない。けど、それはそれで大変そうだなぁ、いろいろと。

そのチャンスがあるかは、なぞ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hmzd.blog77.fc2.com/tb.php/379-d790896e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。