スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う、うーん。

2010年10月25日 22:14

ということで、

前回は5月でしたが、
また胃炎と逆流性食道炎、再発しました…。
2週間前ですけど。

うーむ。

ご丁寧にも前回なかった十二指腸炎までかかっていて…。

やれやれ。

とくに忙しいわけでもないんですけどねぇ。
こまったもんです。
スポンサーサイト

静岡2。

2010年10月10日 12:30

ということで、静岡の枇杷さんでランチのポイントカードを頂いたんですけど
どうもポイントがいっぱい溜まることはなさそうです。
何故なら10月一杯で今の客先の仕事が終わることになったので、
もう静岡に行くことはなくなりそうなので。

よく、住むには静岡が一番、一度住んだら出られなくなる、なんて聞きますけど、
こと気候に関しては、そうかも、と思いましたね。
いい感じなんですよ、空気が。
あと、街全体に漂うおっとり感ですかねぇ。
上手くいえませんけど、落ち着いて暮らすにはよさそうな所ですね。

まぁ、だからと言って引っ越すわけでもありませんが。

唯一だめだったのは、静岡B級グルメのおでんとお蕎麦の汁。
僕には濃いというか甘いというか。
関東出身のクセして親父の影響で薄味で育ったたので、
あさっりした味付けが好きな僕にはなじめませんでした。
この辺の味付けは、関東と名古屋の両方が入った感じなのかもしれませんね。

ま、それはそれとして、静岡の(私の知る)皆さん、またいつか!

静岡。

2010年10月08日 12:30

静岡といえば、昨年から何度も出張してたわけで、
気にはなっていたが行ったことのないお店がありました。

枇杷さん。
(探したらこんなページが。http://r.tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22000654/)

料理としては中華料理屋さんなんですけど、オシャレな感じのお店で、
夜は値が張りそう(一人だし)だったのでランチを頂きました。

店の雰囲気がなんかの雑誌にでてきそうな感じなオサレさで、
その上料理はかなり自分好みの味付け。
前菜4品、麺類+おかずで1,000円とはちょっと首都圏では考えられない安さ。
ローテーブルは好みが分かれるかもしれませんけど、
店の雰囲気を考えると我慢できましたね、僕は。
(普通のテーブルもあります)

いや、とにかく味が素晴らしかったです。
旨かったっす。

フィルム

2010年10月06日 12:30

ところで、フィルム生産はどんどん減ってきていて、銘柄も減ってます。
売り方も1本売りの銘柄が減ってきていて、5本パックとかになってます。
最近フィルムを始めた身としては使ったことのないフィルムをいきなり5本
も購入(2500円くらいします)するのはなかなかハードルが高いです。

と思っていたら、静岡に出張した際にたまたま見つけたカメラ屋さんに入って
みたら、なんとそこは5本パックとかのをバラ売りしてくれる店でした。
おかげで、160NCとか400NCとか135も120も欲しい数だけ手に入れられました。

うーん、素晴らしい、杉山写真材料店さん。
都内ではビックとかの量販店にしか行かない(っていうか知らない)ので、
なんともこういうお店は貴重です。

ホースマン

2010年10月04日 12:30

HORSEMAN VH-Rを手に入れて以来、いろいろとトライしてるんですけど、
なんか格段にこのカメラは難しい感じですねぇ。
どうもいろいろ使いこなせません。
あげく、レンジファインダーで撮ってるのにチルトとかスィングとかして
みたりして、当然のように仕上がりはわけのわからないことに。
VH-Rで撮った写真の歩留まりは悪すぎです…。

やれやれや。

VHR_ROLL004_img008
これはレンジファインダーで。
TOPCORもFUJINONもとても好きな感じで写ります。
うーん、なんか贅沢な撮り方のような気がしてきた。

VHR_ROLL006_img001
これがレンジでとりつつスィングとかしちゃって妙なピント範囲になっちゃったもの。
奥までピントがあいつつ左右がボケるという…。
まぁ、レンジファインダー覗いててもこの効果はわからんわけで、なんつーいいかげんな撮り方なんだろう。

それはそれとして、そもそも、ピントグラス見ながらいろいろ決めるのが超が付くほどめんどくさい。
まず、暗い。最近手に入れたAPO-RONARはF9からだし…。
というか、ピントグラス自体があんまりいい状態じゃないのかもしれません。
それと三脚。
ピントグラス外してフィルホルダー付け替えるだけでなんか動いちゃう感じで。
まぁ、これはもっとちゃんとした三脚を手入れろよ、ってことなんでしょうけど、
どーも三脚は何にしたらいいかさっぱりわからない。
考えなきゃいけない要素が多すぎるんだよなぁ、三脚。
とはいえミズタニさんみたいに三脚フェチもいらっしゃるわけで、
嵌れば嵌るのか。

うーむ。

ぬまた

2010年10月02日 12:30

10月ですね。

タバコいっぽん頂けますか
ていえないのさ
西日差す喫煙室で

どうもサタニです。

俳句でもなきゃ
詩でもないです
上の句は

句、って。

そんなことよりとにかく写真ですけども、
ここのところは最近行った沼田城跡の写真を続けて上げてます。
ま、ゆかりのものを一々撮らないところが私のポリシーなので
どこが城跡なんだかわからん変な写真ばかりですけどね。

陸亀を放し飼いにしてる人がいたりして面白いの撮れたり、
P6x7_ROLL015_img009

材木置き場があんなにフォトジェニックだと知ってみたり、
P6x7_ROLL017_img005

薄根の大クワが思っていたより大きくなくて、
そして満身創痍だったことを知ってみたり(すでにそこは沼田城跡じゃないが…)、
XLSWのレンズが指紋だらけなのに気付かずになんだか淡い仕上がりになっちゃったりと、
いろいろと話題に事欠きませんでした。

しかし、PENTAX6x7、覗ける分イメージ通りに撮れてよいのですが、
視野率が100%じゃないので端っこに余計なモンが写るんすよねぇ。
まぁ、紙に焼くのが前提でトリミングすればなんてことはないんでしょう
けど、僕、焼くの持ってないし。
フィルムからスキャンして仕上げる場合、黒枠を残した方が締まる場合が
多いので、この辺がなかなか難しい。

ま、余計なもんが写ってたおかげでいい感じになることもあるので、
それはそれでもいいですけどね。
レンジファインダーだと端からアバウトなせいかあっさりと許容できるのに、
一眼だとそうならないのはなんででしょうねぇ。

なまじ、見えてる(た)からか。
人間の欲とは恐ろしい。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。