スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

な、ない

2010年09月29日 12:30

ネタがないことをネタにする。

というのはブログの常套手段ですね。
そう書いてるそのくせ、ちゃんとネタになってるのが多いような気がしますが。

いいんですけど。

ほんとにネタないっす。

ということで、神々しい鶴瀬西給水塔でも見てってください。

P6x7_ROLL014_img006

そうそう、しぞーか絡みの仕事は10月までとなりました。
けっこう、長かったですわ。
スポンサーサイト

トプコール P.S 105mm F3.5

2010年09月06日 12:30

トプコール P.S 105mm F3.5

P.S
って何の略なんすかね。

ということでフィルムバックもトプコールP.S105mmF3.5はすぐ直って返ってきました。
それとちょっと形状が普通と違うレリーズの先端で困ってたんだけど、ミズタニさんから情報もらって他店でゲット。これ、ちゃんとボディに固定できるところがよくできてる。

さて、105mmは35mm換算で大体50mm前後。
好きな画角です。

VHR_PS105_100C_img025
距離計使ってパチリと撮ったり、

VHR_PS105_100C_img028
ピングラ覗いて接写してみたり。
まぁ、マクロレンズではないのでそこそこしか寄れませんけどね。

どちらの写真もポラロイドで。
結果がすぐわかるのでいいんだけど、アオリを使う場合結局ピングラみてもいまいちどうやってつめていっていいかわからず。なんか暗いのもそうだしピントの山がどうもつかみにくい感じ。
なれなのかなぁ。

街撮り用に

2010年09月04日 12:30

ほほう、VH-Rに興味でてきましたか?

へぇ。

ちなみに、ミズタニさん、仕事でVH-Rを使われていて。
ええ、それで僕もグラッときたんすよねぇ、実は。
目を奪われたのはそのコンパクトさでした。
高さ自体はマミヤプレスよりも高いのでデカく思えますが、実は収納性は畳める
VH-Rのほうが数段上です。プレスはレンズが邪魔で会社鞄には収まりませんが。
VH-Rはレンズごと収納できてほぼボディの幅に収まっちゃうからフィルムホル
ダーをつけてても高が知れてます。
これはすごいアドバンテージ。
といっても、まだ街撮りスナップデビューはしてないんですけどね。
まぁ、暑さのせいにしてますけど、ちょっと恥ずかしいのがないわけではない。

ああ、もういっこ問題はレリーズ。
なんかネジで留めるタイプのが付かないんですよねぇ。電磁レリーズ用なのか知
りませんが、これはこれでちょっと困るな。なんとか考えないと。

それと手持ちのときのホールド感がいまいち、っていうのもある。左側に側のベ
ルトがついてて手持ちできるんだけど、このまま行くか、首から吊り下げにする
か。どのみち左手でホールドするんだけど、まだ、これ、といった持ち方が確立
できてない。レンズシャッターなので音もブレも最小限なのはいいんだけど、な
かなかシャッター位置が掴みにくくて、やっぱレリーズは欲しいなぁ。

XLSWはファインダーないから首ぶら下げで固定できてレリーズもなくてもあまり
不便は感じないんだけど、これは距離計とファインダーを覗くのでそれなりに構
えたときのホールド感が欲しい…。ちなみに焦点距離の長いレンズをつけると、
無限遠位置も先端になるので近距離を写そうと繰り出すととてつもなくフロント
ヘビーに。なので、標準画角というか、XLSWと差別化する、という意味では
SUPER TOPCOR 120mmが街撮りにはいい感じかな、と。これだと収納もきくし。フ
ジノンW180mmはレンズつけたままだと蓋が閉まんないのよね。

あとはTOPCOR P.S 105mmの復帰が待ち遠しいところ。これは一連のTOPCORの中で
開放が一番明るいF3.5なので。
手持ちでは1段でも稼げるのはデカイので治ってくれば街撮り用確定かな。

VHR_Fujinon180_3000_img023

それなりに問題も

2010年09月03日 12:30

で、VH-Rですが。

レンジファインダーの精度がどうなのかちょっと心配ではあったんですが、無限
遠ストッパー(というか無限遠位置)と距離連動リングさえちゃんとセットして
やれば、かなりちゃんと精度が出ます。グラフレックスXLSWに使えると思って使
えなかったポラロイドバックもスペーサーがちゃんと付属してたので使えて、手
に入れてからすぐにレンジファインダーでポラロイド撮影できて、結果も良好。
よかった。

このVH-R、例によってオークションでゲットしたんですけど、実はなんとレンズ
7本付き。すごいな、考えてみれば。

トプコールが75mm、90mm、105mm、120mm。
フジノンが125mm、150mm、180mm。

こんなにあっても使い分けできないけど、全部試せる、っていうのはいい感じで
す。正直、それぞれ大した値段のレンズじゃないですけど、単体で買って積み上
げたら落札価格は軽く超えますから…。

ところが、トプコールPS105mmとフジノンWS150mmは届いた時からシャッターがダ
メ…。とりあえず距離連動できるっていう意味でもトプコール105mmをミズタニさ
んに修理依頼。さらに、付属のホースマン6x9ロールフィルムホルダーは巻き上
げ時にカラカラ音がしてて2ロール目の最後にはついに動かず。これもミズタニ
さんに修理依頼。
やれやれ。

ちなみに距離計連動はトプコールしかダメみたいです。そもそもフジノンW180mm
の無限遠位置はレールからはみ出る直前で無限遠ストッパーも付けられない感じ
で、これが付けられないとポラロイド用のスペーサーも付けられないんだよ
なぁ。まぁ、きっかり1cm後ろで留めればいいのか。で、トプコール用の180mmの
距離連動カムを付けてみたけど、実像と二重像の位置は合わなかったので、ファ
インダー越しの撮影はちょっと無理っぽいですね。
まぁ、フランジバックも違うだろうし当然といえば当然か。実像と二重像を見比
べながらカムの適正位置を調べられれば、厚めのプラバンとかで自作の連動カム
が作れないこともないけど、精度を求めると結構大変そう。

んー、なかなか問題ありますな。

VHR_ROLL001_img005

VH-R

2010年09月02日 12:30

ということで、

ホースマンのVH-Rをゲットしていろいろと勉強中なわけです。
_IGP2950

VH-Rはいろいろ盛りだくさん。

・リボルビングバック(フィルムホルダーが回転して縦にできる)
6x9も6x7も個人的には縦位置の構図が好き(っていうか気づいてみると35mmも含
めてほとんどが縦位置かも)なので、カメラの構えを変えなくても縦で撮れるの
は結構いいです。ちなみにファインダーもレバー一つで縦位置のフレームになり
ます。(ま、連動してない、ってことだが)

・ポラロイド
いまや中判カメラを探す上で、自分としては必須のポラロイドバック。
ちゃんと写るかの判定も早くできるし、色々試してみたいこともすぐ結果が出る
ので重要です。最近、ポラロイドならではの何かがないのかを探求中。ま、たい
したことは見つかってないが。

・レンジファインダー
街撮りが好きな自分としてはかなりのポイント。最小連動距離が1mなのは、
まぁしょうがないです。

・アオリ
フィルム面側の操作も含めて一般的なアオリは全部できるみたいです。
まだ勉強中、というかわからんことだらけ。
そもそもピントグラスみてピント合わせること自体が結構チマチマしてメンドイ
上に、ピントグラスを外してからフィルムバックつけて、ってやってるうちにウ
チの華奢な三脚だと動いちゃうこと多々。
知ってる人には当たり前だろうけど、どこか弄った時点で距離計との連動は出来
ない。いや、できるように特性を掴めば可能かもしれないけど、どうやったらい
いかもわからん。
うーむ。
 
・ボードさえつけば色んなレンズがつく
無限遠の位置を手動で決めることができるので、小さめではあるが8cm画の
ホースマンのボードにつくレンズならフランジバックを気にせずにつけることが
できる。
まぁ、実際はそんな単純じゃないんですけどね。
ようはVH-Rにとってフランジバックの短すぎるのと長すぎるのと、レンズの径が
デカいのは難しいです。レンズの径がデカいのはどうしようもないみたい。俗に
いう#2までのシャッターなら付くらしいです。#3はでか過ぎてだめらしいで
す。フランジバックが短いのは、例えばXLSWで使っているスーパーアンギュロン
47mmF8とかは物理的には付くらしいけど、ピントを合わせるにはそれなりに裏技
(なんでもフィル面のアオリを使うらしい…)が必要らしく。フランジバックが
長いのも、高ボードとかいうオフセットしたボードがあるらしく、それである程
度はできるみたい。どのみちこれも限界はあるみたい。
それでも、リンホフ用のプラナー80mmとか普通に付くみたいですけどね。でもこ
れもレンジファインダーでは連動しないか…。うーむ。

まぁ、一長一短あるもののかなり使いでのあるカメラではあります。
使いこなすまではまだまだ時間がかかりそうですけど。

おもろい。

2010年09月01日 12:30

相変わらず写真を撮るのが面白いわけです。

皆さんも嫌になるほどご存知のように、あほみたいに暑い日々が続いているわ
けで。外に気軽に撮りに行くのも億劫なせいで、写真もウチの中でなんやかやと
やることが多く。アオリが使えるカメラをゲットしたおかげで、夜な夜な、あー
でもない、こーでもないと頭を悩ませてますが、どうやらそういう時の僕の人相
は相当悪いらしく、「なに怒ってんの?」と奥様にたしなめられたり。

なんつーか、いろいろわからないことを考えながらで苦痛、というか苦悶の表情
になるようです。

ま、いいんだけど。

XLSW_ROLL015_img005
写真は本文とは関係ないです。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。