スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NDAJ 埼玉リーグ 2008 3rdシーズン 埼玉西Aディビジョン第5節( vs Zippy @ ZI-6491)

2008年10月30日 07:31

ということで、
リーグ戦とかないとまったくココを更新しない感じですが、

いいと思います。

サタニです。

ということで、
火曜日はDリーグ第5節、一応首位だけど2位のZippyさんとは3ポイント差ということで、実質的に優勝決定戦に近い感じの大事な試合でした。
結果、11-6(勝利チームには+2ポイント)で勝利!
やりましたねぇ。
チーム的にはどうなんでしょう、全体的に皆前節より入らない感じでしたが上手い人はちゃんと立て直してシングルスのときは傍からみてても、すんごいですねぇ、と思いましたよ。
これで8ポイント差。
次節8ゲームとれれば、Zippyさんが全ゲームとったとしても優勝が確定します。
気を抜かずにいきたいもんです。

さて僕はといえば、
最初の501D、CricketD、Freeze、CricketSに出て。
うーん。
また1勝3敗の負け越し…。
頑張れてる感はあるんですけど、結果的にチームへの貢献度が低いですねぇ。
うーん…。

まぁ、皆より入らないんだから当たり前といえば当たり前ですけどね、はははh。
しかし、気持ち的にはシャープに集中できてるので、それはまぁ唯一の救いかな、と。
リーグ戦に復帰してからこれで3戦目ですけど、リーグ戦に参加しだした去年1年間と今年の最初の数試合のゲームと比べると、今のほうが断然、ダーツやってる、っていう感じはあります。
早い話、対戦相手より打ててないだけ。

ベースアップしないと通用しませんね。
当たり前か。
まぁ焦らず投げるしかないんでしょう。
もどかしいわ、まったく。

プレーオフいけたとしたら、
川向こうはすんごい人が沢山いるチームがうじゃうじゃあるので下馬評じゃ絶対勝ち目はないだろうと思われているとしても、
なんとか一矢報いたいものです。
スポンサーサイト

NDAJ 埼玉リーグ 2008 3rdシーズン 埼玉西Aディビジョン第4節( vs 善 @ ZI-6491)

2008年10月15日 07:36

ということで、Dリーグです。
3節終了時でzippyさんと同ポイント首位、ということで仕切りなおしの折り返しです。

7名のほぼフルメンバーでの試合でした。
で、結果は13-4(勝利チームには+2ポイント)で勝利!
いや、よかったっす。

僕はといえば、
トリオス、501D、Freezeの3試合に出て。
1勝2敗…。
負け越してしまいました…。
上がりでヘクリすぎでした。

ま、それでも前節と比較してチームが勝ったのでそれが何よりです。

前回と比べてそんなに緊張はしませんでした。
でも集中はすごい出来たと思います。でも上がりでビビリすぎだよ。
今はこのリーグ戦を照準に日々練習してるからもっと出来てもいいと思うんだけど、
まだまだですな。

桜五郎のファンです

2008年10月09日 07:49

20081009115306
退屈な運転も
カーナビの設定をこうすると
なんだか世界旅行みたいです。
見難いですけど上のほうには アムール川 って出ています。

しかし、なんでアムール川?

いいんだけど。

サタニです。

まぁ、30分くらいで飽きましたけどね。
ここまで広域表示だとVICS情報もわからん。

さて。

今ダーツのこと書いてもネガティブにしかならんので困ったもんです。
100BULL到達時間はMasa-sea君の倍だし、2時間くらい投げ続けないとイメージと体の動きがシンクロしないし…。
ウチ投げですけどね。

外でゲームになったら、なりふり構わず、みたいな雰囲気もあって、それはまたそれで違う感じになっちゃうんだけど。試合で細かいこと気にしすぎて本末転倒になってもしょうがないしなぁ。

ちょっとづつでも固めていきたいんだけど、誰にでもできる固め方がどこかにあるわけではないので、試行錯誤の連続ですね。
ま、そこがダーツのとてつもなく面白いところの1つなんだと思うんですけどね。
なんつーか最近はダーツやってるとその昔に音楽やってたことを思い出すことがありますよ。結局、オリジナリティの追求、ということではダーツも音楽も一緒じゃん?と勝手決め付けてみたり。

そーいえば、バンドのライブ当日はいつもオェッと嗚咽してたなぁ、僕。
今も一緒じゃん…。

まあ、とにかく次のリーグ戦に備えて投げるだけっす。

コクチ

2008年10月07日 07:31

ということで、
健康診断の結果は、

メタボリックシンドローム:非該当

サタニです。

まぁ、相変わらず脂肪肝なんですけどね。
これで何年連続なんだろう。
隠れ肥満か…。
油もん、苦手なんだけどなぁ。
まぁ、体質って噂もあるが。

で、
今週の土曜日、10/11にZi-6491のナイトハウストーナメントがあります。
21時集合、22時スタート。
遅い時間ですけど、皆様お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。
今年はハウスの年間チャンピオンとかあるんだよな、確か。
まぁ、僕はほとんど関係ないポイントだけど。

あとなんかないかなー。
ネタないなぁ。
んー。

あー、
僕はですねぇ、
そーですねぇ、
わかったと思ったり、わからなかったりで、入ったり、入んなかったりしてますね、相変わらず。すんげぇ集中して投げた後に抜け殻のようにノーマークとか…。この前はMr.Xとせっかく投げて頂いたチャンスに01が16点ですよ、16点。挙句にCricketで7.5だされちゃうし。去年は01でパーフェクトされてるし、うーん。もうちょっとだけでもプレッシャーかけれるようになりたいなぁ…。

技術的なことは良くわかりませんけど、最近は明確にターゲットを意識して手が伸ばせてるときはそんなにとっちらかったりしなくなったような気がしないでもありません。自分としては、”ターゲットに手を伸ばすこと自体に意味はない”というのが持論ですけど(ハードでそんなプレイヤーいくらでもいるしね)、それでも緊張とかで頭がまっチロになる僕の場合はそういうガイドラインみたいのがあると腕が振れるし、伸ばすことを目標にすると結果的にダーツのスピードがいい感じになるみたいなので。
本当はテークバックからリリースポイントまでを意識して投げたいんだけど、テークバックもリリースポイントも全然わかりません。本質的にピンとこない…。リリースポイントはそこそこわかってるつもりだったけど、リリースポイントを気にし出すとだんだんダーツが飛ばなくなってくるし…。捉え方の問題なのかな、とも思うけど。糸口みつからず。

手伸ばすのを気にしすぎるのも、それはそれでよくないみたいですけどね。手が伸びていないのにたまたま入ってて、手が伸びていないことに気づくやいなやダメになります。伸ばすことばかりに気がいってもう力は要りまくりでとっちらかります。力がはいって伸ばすので上腕三頭筋とか肘に負担かかるし。難しい…。まぁ、死ぬほど投げればだんだんいろんな意味で丸くなっていくんではないかと。加減したのをデフォルトにするのはゴルフと一緒で難しそうだし…。

きっと一睡もしないで投げ続けたらすごく入る人になるんじゃないかと思います、僕。

むりだけど。

手が伸びなくなるのは緊張した場面がほとんどだから、対戦するためにお店に顔を出すようにしているんだけど、やっぱ歳ですわ。疲れるし眠い。いい加減体に気をつけないと。

話がとっちらかってますね。
勘弁してください。
僕のグルーピングはこんな精度です。

あとはですねぇ、
んーと。
ああ、スローのこと。(さっきまでのは違うのか?)
BULLは狙いどことしてはよく打つ場所で練習でもゲームでも馴染み、というか基準みたいな感じですが、(BULLも入らないけど)BULL打つみたいにT19とかD19とか打ちたいんだけど、構えの時点でもう全然入らない雰囲気満載で。投げても投げても糸口がみつからず、最近はCricket恐怖症気味なわけです。
なんかないかな、と色々試行錯誤してます。
01のアレンジとかだとBULL打った流れでなんかトリプルとか入ったりするんですけどね。あれは、なんというか勢い、というかそんなもんじゃないかと。

で、BULL打つ感覚でボード上のどこのターゲットも打ちたいんだけど、視覚的に目標が変わるとどうも色々構えとかも変わってしまい落ち着かないのです。

ところで。
視覚、というのは実はダーツのスローの中で結構重要な要素を構成しているな、と最近気づきました。といっても僕だけかもしれませんけど。ダーツの軌道ってなんだろう、と探っているときに、BULL狙いで構えて、BULLを見ないで手元のダーツをみて投げると結構な割合でBULLに入ったり寄ったりする事実に気づきました。1回だけ、ゲーム中にあまりに入らないのでこの投げ方でシレッとハットだして帰ってきたこともあります…。内緒だけど。
しかし、これはなんだろうと。
どうもターゲットを見て投げているときにいろんな情報が過多に入ってきちゃって体が勝手に反応しちゃってる感じ…。いいほうに反応してくれればいいですけど大抵は悪いほうに反応します。

で、これに対する回答は今のところ、集中。これだけ。人間、防ぎようの無い耳から入る音だって無音になるくらい集中できるんだから目から入ってくる情報もコントロール、というか絞り込めるはずでは、と。とにかく集中すること。というか、もうインブルをガン見する感じで。なんちゅうか、ダーツってゲームやってるというよりは雑念を取り払う修行みたいな感じですよ。まぁ、集中できたほうが格段に着弾率が高いのは事実なのでいい結果が出れば楽しくなるわけですが。ここにプレッシャーとか掛かってくると一気に雑念(つーか僕の場合は弱気がもっとも悪い雑念のような気がしててます…)だらけ。入るもんも入らないわけです。

そういう意味ではラージシングルは難しいです。視覚的にターゲットを絞り込めなくて。これは課題。ただ練習するだけじゃなくて考えて練習しないと。仮想+マークで照準つけるのもあんまり最近は上手くいきません。Webでダーツボードの絵を見つけて、ワードでブルの大きさの○をS20とかT20とかクリケットナンバーの主要のところにおいてみて小一時間眺めてみたり。なんもでてこないけど。

で、話を戻すと、集中できてる時でもT19が異様に打ち辛いわけです。というかT16より下が異常に打ちづらく感じて。どうも前傾をつけてからかえっておかしくなってきた感じです。窮屈すぎて3投の間静止するのがやっと、って、ちょっと本末転倒ですよね。昨日はdaiさんと投げててT19ばっか打ってたらちょっとわかったような気はしたんですけど、次のゲームはだめ。まだまだです。
これがわかったらうれしいだろうなぁ。

そんな感じです。

NDAJ 埼玉リーグ 2008 3rdシーズン 埼玉西Aディビジョン第3節( vs Zippy @ ZI-6491)

2008年10月01日 07:47

ということで、久々にネタが。

実に9ヶ月ぶりにDリーグに復帰しました。
まぁ、いろいろあったけどやっと気持ちとか色々整理が出来てきた証拠かもしれません。ま、ウチを出るとき思わず「オェッ」と素敵に嗚咽して奥様に笑われたのは事実です。思わず学生の頃のライブ当日を思い出したよ。

今回のお相手はZippyさん。メンバーの半分はよく知ってる人だし打つのも判ってるし、前節まででポイント差で若干リードしているものの今回の勝ち負けで簡単にひっくり返るような状態なのも判ってる感じの中でゲーム開始。

星取表は忘れました。
最後までもつれて結果は7-10(勝利チームには+2ポイント)で惜敗…。
これでポイントが並んだようです。
次節から仕切りなおしですね。

僕はといえば(←久々に書いた)
トリオス、501ダブルス、Cricketダブルス、フリーズ、501シングルスと5ゲームも出させて頂き。結果的には出たゲームは全部勝てたので、まぁ、よかったとは思いますが、パートナーや対戦相手のあることなんで。
それより、もっと入るはずだなぁと。

リーグ戦はやっぱり自分の中ではちょっと特別な感じ(というか苦手)のもので、”チームで戦う”ということについて色々考えたんだけど、結局は自分の出来ることをきっちりやるしかない、というのが今のところの結論で。ミラクルはそうそう起こらないし、集中して1投1投を大切に投げることが大事だな、と。そうできなかった時間も多かったけど。特にポンポンとアップテンポで投げている人見ると憧れちゃって釣られるんだよなぁ。あと、1投目が悪すぎる。1投目が綺麗に決まると後が悪い。これは普段からわかっていることでなんとか糸口を探してる、っていうかこれに限らず探していることだらけなんだけどね。

まぁ、最近は投げる量もちょっと確保できてきて、再開してわかったことや相変わらずわからないことが沢山あるけれど、ひとつだけ確実なのは、僕のスローは僕にしかできませんよ、ということ。まだまだ入るはずだし、まだまだ伸びる余地はあるな、と。

それはそれとして。
店でのチームメンバーとの勝残戦では圧倒的に抜ける回数のほうが多いし、緊張して試合でどこまで打てるか未知数だったし、これまで結構自分勝手にリーグから遠ざかっていたのに、暖かく迎えてくれたチームメンバーに感謝です。
ほんとに戻れてみんなと試合に出れてうれしいっす。

終わった後ZO-NOGさん参上。
しかし、ZO-NOGさんには幾ら感謝しても足らんです。
緊張した中でどう投げるか”とか”目の前の数字に集中!”とかは今まで悩んでるときとかにピンポイントでアドバイス、というか考えるきっかけになる問題提起をして頂いて。答えはそうそう出てこないんだけど、考えて投げることで色々わかることもあり。
まじ、感謝です。

でも、そこまで短い髪型には絶対しません。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。