スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NDAJ 埼玉リーグ 1stシーズン 埼玉西Aディビジョン第2節( vs VOLUNTEER @ 善々)

2007年01月31日 03:16

ということでDリーグ第2節にいってきました。
前節は惜しくも負けたし、1節終了時に上福岡のgus-istさんが大量リードしたので今回は(というか今回も)ふんばりどころ。

で、結果は‥。
見事、勝利。

(*は私の出た試合)
× 901トリオス
○ 501ダブルス *
○ Cricketダブルス
○ 501ダブルス
○ Cricketダブルス *
× フリーズ501
○ 501シングルス
○ Crciketシングルス
○ 501シングルス
○ Cricketシングルス
○ フリーズ501 *
○ 501シングルス
× Cricketシングルス
○ 501シングルス
× Cricketシングルス

自分としては、01は相変わらず酷い出来でしたけど、前回のグダグダ振りに比べれば少しはチームに貢献できたかな、と。まぁ、相手があることですから結果としてそういえるだけなんですけどね。あと場所慣れ、っていうのもあるかもしれない。不思議なことに今日はBULLが高く見えなかった‥。前回のあれはなんだったんだろう。
Cricketがちょっとよかったです。6マークのバッチが貰えるそうです。やたね。

u-horiキャップには腕の調子を気遣って頂き、僕の出してもらえるレグは間隔を空けてオーダーを組んで頂きました。申し訳ありませんでした。お陰で大した痛みもなく乗り切れました。が、チームにとってはどうだったのかなぁ。結果的には勝ったけど、早く万全の体調にしないと。
しかし腕の調子は別にしても、BULLに入らん。投げる前にBULLにウィンクしてるのになぁ。はっ!それがいけないのか‥。

じつは勝った喜びをあっという間に吹っ飛ばされるような事実が。話によるとgus-istさんが今度は14-1で圧勝。しかも、あのZENZENさんから‥。首位との7ポイント差を縮めるどころかひらいてしまった‥。うーん、手ごわい。次節はZiで彼らを迎え撃ちます。個人的には、こういう展開、燃えますぜ。

それと、ZiのBチーム、CディビジョンにいるBaby-Ziもホームで緒戦を迎えました。が、惜しくも負け‥。帰りにZiに寄ってみんなに会いましたけど、悔しそうでした。”次があるさ”と気軽には声をかけられませんでしたが、次はやってくれるでしょう。みんな、目つきがカッコよかったもの。
スポンサーサイト

硬いのもおもろい。あとDVD。

2007年01月28日 17:00

2週連続で土曜出勤の帰り、DW-Jさんにハードを投げられるお店を紹介していただきました。
要町の駅からすぐのダンデリオンというお店。
ハード2面、D1が3台。食事できます。美味かった。

Zi以外のちゃんとしたダーツバーにいったのは初めてで、ちょっとビクつきましたが、DW-Jさん&AKIちゃんもいてくれたし、オーナーご夫妻をはじめ常連さんは皆様気さくな方々で特に戸惑うことも無く。皆様、感謝でございます。

オーナー夫人の取り計らいで、OKDさんという方にハードのゲームを付き合っていただきました。ハードの外投げはこれが初めて。特別な緊張はありませんでしたが、音も静かだし、ちょっとストイックな感じですね、ハードのゲームって。点計算できるPCが空いていなかったので、ホワイトボードに手書きで。ボードに計算した数字書いてる間にもう自分の番、みたいな感じでしたけど、思ってたより投げられました。TONも出たし、上がれたし。アレンジは‥、うーん、て感じですが。その後は、OKDさんと組んで女性2名とダブルス。みんな計算速いなぁ。

ゲーム後、一緒にゲームして頂いたOKDさんからハードのリーグ戦に出てみない?と誘っていただき。おれでいいのか?と思いつつ、二つ返事で受けちゃいました。あいかわらず前後を考えないなぁ、ボキ。
ダンデリオンからはソフトのDリーグとハードのTDO、TDAのリーグにいくつものチームが参加しています。出していただくのはTDO(←間違いた)TDAという団体のリーグ戦でCディビジョンに所属しているチームだそうです。500円払えば1ショットで参加できるそうで、ダンデリオンでのホーム戦に参加させていただくことに。メンバーにはオーナーさんも参加しているチームで、なんか緊張です。

オーナーさんは、アレンジに慄いている私に色々お話してくださり。やさしいなぁ。

投げること自体はソフトもハードも特に違いは感じなかったですね。手のほうがまだ思わしくないく、最後のほうは腕が上がりませんでしたが、まぁ、ボチボチ治していくしかないですね。一番の問題は暗算とアレンジ。とにかく早いとこ慣れないとどうしようもなく。

DW-JさんにZiまで送って頂き。もー、何から何まですんません。ほんとにありがとうです。腕を気遣って頂き、”今日はもう投げないほうがいいんでは”と忠告いただきました。で、我慢したんですが、結局、ダブルスのセット、1回だけ投げちゃいました‥。Ziにいったこと自体が敗因だ‥。ダーツボードがあるとこで投げないほうが罪だ。‥いいわけです。しかし、この日はKogumaさんのダーツ左回り理論が炸裂して、皆大爆笑。あー、おもろかった。

帰宅して奥様と去年のPRIDEのDVDを観賞。寝ぼけ眼でみてましたが、あの会場にいたんだなぁ、と思うとちょっと不思議。DW-Jさんに騙されて出たんだけどwww うそです。感謝してます。あれはかなり衝撃的体験でしたから。しかし、考えてみたらあの時はダーツを始めてから2,3週間の頃だものなぁ。DVDで試合に映っているビックネームも誰一人として知らなかったし、zo-nogさんの存在すらまだ知らなかったしなぁ。
しかし、zo-nogさん、異様にフューチャーされてます。しかも奥様と娘さんのご一家まで‥。副音声での解説でお店の宣伝もバッチリでしたぞ。

ちなみに、DVDの1時間18分あたりに、画面の左端に写っている、白い開襟シャツの男とブルーのポロを着ている女は、我々夫婦です。それ以外にもある対戦を映している後ろに、Yokoさんが試合しているところ(たぶん、Yokoさんがハイオフしたゲーム)とそれを観ている我々、っていうのもありました。いつかは自分が試合してるところを映してもらいたいなぁ。

さて、火曜日はリーグ戦第2戦。
1節終了時点でトップと7ポイント差。序盤とはいえ気合をいれて巻き返さないと厳しい数字。はやく腕の調子を戻さないと。

ほう

2007年01月25日 02:13

帰りにZiに寄って、おやじさんに怪我したことを報告。まっちゃんも来たので来週火曜日のリーグ戦は出られるか微妙、と伝えて。金曜日の練習会までにある程度投げられるようになればなんとかなりそうかな、と思ったけど考えてみたらここのところ圧倒的に練習量が不足しているので、出たとしても皆に迷惑かけるのは明白ですね。うーむ。

u-horiキャップ、金曜日にでも相談させてください。

さて、帰宅して恐る恐る投げてみました。

昨日zo-nogさんから貰ったヒントを基にスローを再確認。
痛める前はリリースポイントを遠くにしてスパッと手を伸ばすイメージ。それをいまやってみると数投で痛みが酷くなります。この投げ方の軌道イメージは大好きなんだけどなぁ。
で、以前zo-nogさんに教えてもらった例のポイントで構えてそこから出してやるスローでやってみました。不思議とほとんど痛みを感じません。だだし、狙いと腕を振る方向が食い違ったとき無意識に手で修正が入ると酷く痛みますが。どうもナチュラルに投げられるとあまり手に負担がかからないようです。この投げ方だと自分の場合、以前のスローと比べて軌道のイメージはかなり緩やかです。山なりの感じ、かつシュートのイメージもある。入っていればいいんでしょうけど、ナーバスなときに耐えられるか、というとまだまだ疑問です。

とりあえず1人3役501を1regだけ。最後のほうはちょっと痛みが増してきたので1regでやめました。しばらく肘から先にダルイ感じが抜けませんでした。どうも右腕は患部のみならず全体的に疲労してるみたいですね。休み休みいくしかないか。

スコアは散々でしたけど、投げるのはやっぱり楽しい。怪我して再認識しました。アレンジ考えるのも結構楽しくなってきました。あがった後、正解と照らし合わせてみると大体が間違ってるんだけどね。

やっちゃいました

2007年01月24日 01:28

えー、手を痛めました。
親指の付け根から手の甲を通っていって手首のあたりまで、リリースからフィニッシュで痛みが走ります。さらに投げつづけるとグリップだけで痛みます。

とある方に診ていただいたところ、使いすぎでは、とのことで。患部を押さえると若干違和感はあるものの痛いわけではないので、大したことはないそうです。投げると痛いだけ。
ちなみに、BULLに投げるのに比べてT20に投げるほうが何故か痛みがあります。ん?この辺になにかヒントはあるまいか。ないか。

しばらく様子を見ながら投げる量を調整しては、とアドバイスを頂きました。

来月、とあるハードの試合にエントリーする予定です。未熟は承知の上での挑戦です。いろんな人に後押ししてもらってます。覚えることややるべきことはたくさんあるんだけどなぁ。ちょっとあせってます。

そうそう、
奥様がついに人生初のハットトリックを決めました。自宅であれだけ投げているのに、初ハットはZiで常連さんの前で達成。やりますね。あれから2,3日経ってますが彼女はまだ思い出してはニヤニヤしています。あれほどBULLに入らなくてイライラしていたのに最近では、1本しか入らなかったよ、と愚痴をこぼすようになりました。いいことです。
っていうか、もうオレとそんな変わんないじゃんか。
がんばらねば。

しかし‥(最初に戻る)

NDAJ 埼玉リーグ 1stシーズン 埼玉西Aディビジョン第1節( vs ZENZEN @ 善々)

2007年01月18日 03:00

ということで、D-1のリーグ戦に初参加です。
チームに入れてもらうのが決まったのは去年なんですけど、考えてみたら始めて数ヶ月のド素人をよくAチームに入れてくれたなぁ、と思うわけで。なので緒戦は結果を出してみんなに認めてもらわんと、とかなり気合が入って新狭山の善々さんへ。お相手はチームZenZen。ここのところZiZi(うちのチーム名ね。かわいい。メンバーは男ばっかでむさ苦しいが…)がなかなか勝てない相手だそうです。

で、結果は…、惜敗。
(*は私の出た試合)

× 901トリオス *
× 501ダブルス
× Cricketダブルス *
○ 501ダブルス *
× Cricketダブルス
× フリーズ501
○ 501シングルス
○ Crciketシングルス
○ 501シングルス
× Cricketシングルス
○ フリーズ501
○ 501シングルス
× Cricketシングルス
○ 501シングルス
× Cricketシングルス

序盤でやな感じの負け越し。しかし7戦目のシングルスでキャプテンu-horiさんの134ハイオフで悪い流れを一変。そこから巻き返して最終ゲームまでもつれて、惜しくも負けました。

ZenZenさんは飛びぬけて上手い人もいるしバランスの取れたチームですね。強いわけだ。

負けたけど、仲間の背中がデカくみえましたねぇ。みんなすげぇっす。

自分といえば、ひどいありさま。アップ最初にボードを見たときにBULLの位置が高く見えて動揺。いい感じで投げると下へ。修正すると力んでどっかにいってしまう感じ。まぁ、アップしているうちにだいぶ慣れたんですけども、こういうのには早く慣れないと。(これ、なんか前にも書いた気がするなぁ)
いざ、ゲームが始まるともうメロメロ。自分がここまで打てないとは正直思ってもみませんでした。唯一勝てた501ダブルスもフジッキーにおんぶにだっこ状態で…。不思議なことに手は全然震えなかったんですけどねぇ。まぁ、とくにいい訳めいたこともみあたりません。これが実力ですね。

自分の中で消化しきれてない部分も多々あるんですけど、次もあるんでがんばろっと。

アップ

2007年01月16日 00:36

日曜日は遅めにZIで練習。
DW-Jさん&Akiちゃんがいらっしゃってて、お相手していただく。

DW-Jさんからは、今回もためになるアドバイスを頂きました。いつもありがとうございます。今回は、とある投げ方。しかし、今回のもすごいですね。驚いた。というか、アレを実践してハウスで優勝するって‥、というか最後までやり通すところがすごい。
ん?アレ?それについては私からは書けません。あしからず。自分で見つけたことなら書きますけどね。ZIの常連さんなら直接聞けばきっと教えてくれると思います。

言葉にするのがなかなか難しいんですけど、僕の場合、リリースポイント付近に”ある感覚”がある時は結構狙い通りに入る気がしてます。(もちろん、ぼくなりに入る、ですけど)
で、問題はそういう感覚がなかなか掴めない時もあるし、掴んでいるようでいまいち自信の無いときもあるし、掴んでいても次のラウンドでは消えてしまう時もあるわけです。最近は掴めている時間が以前よりは長くなってきましたけど、掴めてない時間帯のほうが圧倒的に多い。途中でダメになるのは緊張とかメンタル的な問題、あとは体力的な問題がほとんどだと思うのでここではひとまずおいておくとして、投げ始め、試合前のアップの時にいかに早くリリース感覚を掴めるか、っていうのがひとつ課題としてあるわけです。(試合とかで1,2スローしか投げれない場合はちょっと別の話とします。)

投げ始めは大体が、右にズレ、それを直そうと左にズレ、まず縦ラインがまったく揃いません。焦ります。”このままじゃ01でブッちぎられるぞ”と恐怖が脳裏をかすめます。なおさら焦ります(笑
腕の動きが視界や脳とシンクロしてないのに結果だけを求めるので、もう頭の中はパニックでひっちゃかめっちゃか(なんか懐かしい響きだ)なわけです。もしその時に僕の頭の中を見れるモニタがあれば大笑いできること必至です。というか通り超えて悲しいかもしれない(笑
で、そういう状態でゲームに入ると気合と集中力と思い込みで誤魔化せているうちはまだそこそこ入るけど、やっぱりダメでそのうちジリ貧になります。散々酷いダーツをしてからやっと諦めがついて吹っ切れるとなんとなくそこそこよくなる、みたいな。

僕の現状ではただただひたすらに投げ込まないとなかなかいい感じにならないわけです。で、思ったのは教えてもらったアレをアップ時に実践すると、もしかしたら結構早い段階でリリース付近の”あの感覚”を呼び覚ます切っ掛けにはなりはしまいか、と目論んでいます。

とりあえず、今日の朝練の時に試してみたんですけど、エンジンかかるまでに約15分‥。何投かは数えてませんけど。ちょっとかかりすぎですねぇ。今までと比べてどうか、と問われてみると、普段はそんな時間は計ってないのでわからない。だめじゃないか。まぁ、エンジンかかってからどれだけ持つのか、っていう問題もあるのであれですけど、大事なゲームの前はいつもこういう状態にもっていけないと(負けるよりはマシだけど)勝ってもマグレっぽくて納得いかないし、負けたらただ悔いだけが残るだけ、なのでなんとかしたいところです。

それと昨夜はダブルイン、ダブルアウトの301を何ゲームか。アレンジが弱いのですごく勉強になります。いっこ、以前u-horiさんから教えてもらったのにすっかり頭の中から抜けていたアレンジの大前提を肝に銘じなおしました。今のところ、一番の問題は暗算が弱すぎること‥。狙ったとおりに打てても最後の数字違ってるし、みたいな‥。
はぁ、歳なのか‥。

さて帰宅してから練習。アレでアップしました。いい感じになるまで約5分。今朝と比べるとだいぶ早いです(体が起きているせいもあるかもしれない)。最初の3投の1投目でズレを確認後、修正して2投目,3投目。すると面白いことにこれだけで縦、横のズレはかなり修正されてます。驚きなのは横のズレの少なさ。これをしばらく続けるとリリースに集中できてだんだん感覚がリアルになってきます。でもなかなかアレと普通の投げ方の切替タイミングが難しい。普通のスローに切り替えたとたん酷い腕の振りになること何回か。笑っちゃうほど変な腕の振りです。いかに視覚から入ってくる情報が体の動きを妨げているのかよくわかります。いやぁ、おもしろいなぁ。とにかく、なんとかものにしたいところです。

いかんいかん

2007年01月13日 14:50

昨夜はZiで勉強会。
火曜日にリーグ戦を控えて、リーグ戦形式のゲームを7試合。

なんというか、パッとしない感じで投げ方に悩んでゲームをしているので辛い辛い。なんだかなぁ。唯一落としたCricketは全然ゲーム運びがなっておらず。反省。

その後、DW-Jさんにセットをしていただき。01のアレンジが全然わからない。40点台から90点台のアレンジが全然わからないし‥。もう初心者でもないので、チェックアウト前のアレンジも考えねば‥。BULL打つので精一杯じゃ、勝てない‥。アレンジの考え方、”この時はどことどこに打つ”、ということ以前に、”アレンジとはどうあるべきか”がまだまだわかってない。問題は、下手さを盾にして自分で打つ場所を限定してる。早い話、逃げてる。うーん。これは猛勉強&練習せねば。

ふぅ。

ところで、自作フライトを常連さんにくばり始めました。まだ数人ですけど概ね好評でうれしい。皆さんに行き渡るのはまだまだ時間がかかりそうです。それぞれ差し上げる人でロゴを変えたりシグネチャを入れるのでなかなか作成作業がはかどらないのが難点。印刷するまでは楽しいんだけどねぇ。切ったり貼ったりがメンドイ。足りなくなっていたフライトも若干数届いたのでまた作ろっと。

しかし、練習もしたい。

ので、練習の質を上げる方法を模索中にたまたま見つけたものをゲットしました。といってもボードなんだけど。
trainer1

これはPro-Trainerという練習用ボード。特徴はトリプル、ダブルリングが普通のやつの半分の幅しかないもの。ここでフィル・テイラーさんが「そこのあんた、本気で勝ちたいなら、使っときな」と言ってるので、つい。ネットでUNICORN製がなかなか見つからず、結局買ったのはPUMA製なんだが‥。ごめんよ、フィル。
ちなみに、インブルはこんな感じ。
Trainer2

えーっと、とっても小さいです。

んと

2007年01月11日 01:39

前のブログでえらそうなことを書いていましたが、さっきZiから帰ってきました。いまいちでした。んー、なんとなくやろうとしていることはやれつつあるけど‥、という感じでしょうか。しかし、Cricket4点台のあとに2.00を2連続‥。なんか急にわからなくなるラウンドが何回か続きます。なんなんだろう。薄々気づいてはいるんですけど解決の手がかりが無く。

ひとつだけ収穫が。fj9さんとのCricketで優勢に進めていたのに最後の詰めのBULL締めで2ラウンド連続でノーブルを‥。帰りに歩きながら考えて気づいたんですけど、どうもクリケットナンバーを狙っているうちに”それ用”の打ち方に変わってしまっているようです。置きにいっている、といえばそれまでなんですが。”それ用”の打ち方でBULLにいくと垂れる。垂れる理由に気付けないのになんとかしようとして、結果、上とか右とかひっちゃかめっちゃかに。で3ラウンド目に、”ああ、違うじゃん”と気付きなんとかBULLへ。という感じで。
ゲーム中、軌道を意識していたつもりだけど、自分の都合のいいように軌道を変えちゃってたようです。これは01のあとのCricketでも同じこと。要はどこにでも同じイメージで打てないとよほど器用じゃないと長続きしない、かなと。

24時過ぎに早めに帰宅して家練。ダブルとトリプルをそれぞれクロックザアラウンドで。どちらも最後はBULLで。ダブルとトリプルを打っているようにBULLに入ること、BULLへ打つようにダブルとトリプルに入ること。んー、練習あるのみっす。

なやましい‥

2007年01月10日 20:53

人並みに仕事もしている(らしい)ので、ダーツをやっていられる時間は限られているわけですが、その時間をどう使うか、真剣に考えてなかったので、昨日考えてみました。まぁ、そんな大それたことではないんですけどね。

結果、昨日は家練に。

実は川崎でクラッシャー(もうメンドイので呼び捨て)とH君とライブを1.5Hほど打って(結果はそこそこ。スタッツはあがりました。)、地元へは23:30着。いつもなら迷わずZiに行くのですが、昨日はやめました。今はそんな場合じゃないぞ、と。

ユミックさんに教えて貰ってから、スローイメージというか軌道イメージを追い続けているわけですが、正月中に”これか”と思ったことがあり、Zi初日(5日)には勢いで三つ巴戦を連破するほど好調だったんだけど、だんだんわからなくなってきて入らなくなり、数日後には三つ巴戦で連敗‥。例のヤラレタ感いっぱいの中でzo-nogさんとゲームしてもらったときにzo-nogさんのスローを眺めてたら、自分で見つけたイメージをより明確に再現できそうなヒントを見つけて(よくよく突き詰めてみると前に教えてもらったことと同じだったりするのだが‥。でも視覚的に入ってきたのでそれはそれでいいかなと)、どうしてもこれをモノにしたい、と考えていて。

いやぁ、ワクワクするなぁ、ダーツが楽しいとこにはこういうとこもあるなぁ、と一人悦に入ってたりして。傍から見てるときっと気持ち悪いんだろうな‥。

で、お店で誰かしらと投げて貰うと投げ方に嘘を感じていても途中でやめるわけにはいかないので、集中して自分のペースで投げたかったのです。

で、思い出したのがゴルフ。(こればっか)
とあるレッスンプロははじめて来た生徒に、「直してあげるけど、OKがでるまで一切ラウンドしないこと」と約束させるそうです。人によっては半年、1年スパンだそうです。同じような話がぺニック先生の本にも載ってましたね、そういえば。

メンタリティとかゲーム運びは外じゃないと鍛えられそうにないです。特に三つ巴戦に入れてもらえたのは大きくて普段とは違うプレッシャーで、負けても得るものがあるような気がします。けど、技術的なことはじっくり納得しながら一人で練習したほうがよいかな、と。特に掴みかけのところなので。

成果はまだわかりません。っていうか精度もまだまだ悪いし、投げ込む量も少なすぎます。なんだかんだ言って、すぐまたもっと悪くなるかもしれないし。でもまずは、ゲーム中とかゲーム開始時に、”何やってるんだかわからないような状態”にならないように、入った1投、外れた1投の意味がわかるように常になっていたいなぁ、と。

なっててえなぁ、と。

と、書いている端から、ZIへ行きたい‥、とフツフツと。結局どっちなんじゃい、というツッコミはかわします。本能のおもむくままに。って、結局なんも考えてないのか。

しかし、家練は際限がなくて困ります。なかなか止めどころがみつからない。BULL100本、と決めてやっとの思いで100本決めても、「次が入らなかったら意味ないよな‥」と思いまた投げてみて、大体そういう時は外れるので、「もうあと10本ね」とか。はぁ。池I&KのKGさんに記事を紹介してもらったのになぁ。しかし、なかなかあそこまでストイックになれない‥。

しかーし。

もうすぐリーグ戦。どのチームにもレーティング14くらいの猛者がいるそうです。奴らに1センチでも近づいておかないと。

こんなん

2007年01月07日 03:09

こんな感じで。

tokage_t


HarrowsのPolyPrint自体が薄手なのでフィルム貼ってもそんなに気になんない感じです。水で貼るタイプのはまだ手元にないのでなんとも比較できないのですが。仕上げにフィルム貼るんなら変わんないかなとも思う。

投げ初め

2007年01月06日 14:15

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

昨夜はZiで外打ち投げ初め。

背中の調子は完治とまではいかないものの、とりあえず投げる分にはなんとかなる感じで。というか久々のD1で投げるのが楽しくてしょうがない感じでしたよ。
あー、楽しい。

そうそう、昨年内に達成予定のCountUp1000点越えですが、未だ達成できず。まぁ、ね。すんごい集中しても800点台がやっと。900点すら越せません。まぁ、そんなもんでしょう。まぁ、ことあるごとに狙っていきます。

ロゴマークのデザインは背中の痛みのおかげで当初の予定よりたくさん出来ましたが、肝心のプリンタが届かないので停滞気味。Ziのパソコンのデスクトップの”logos”というフォルダにサンプルがあるので、興味がある方ぜひ見てってください。

‥‥‥‥。

と書いていたら、プリンタ到着。
最近のプリンタはすごいんですねぇ。液晶付いてるし。コピーもできるし。数年前とは隔世の感が。あー、おれ、おっさんくさい。まぁ、どんなに多機能でも綺麗に出なきゃ意味無いんだけど。

印刷してみました‥

きれいでした。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。