スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もあと二日。

2006年12月30日 20:20

ということで、今年の総括。

一言で言うと、とにかく楽しかったです。

今年の8月末から始めたダーツ。
考えてみたらホンの数ヶ月の短い間ですけど、色々な方々に色々とお世話になりまして、まったくもって感謝感激であります。

来年も宜しくお願いします。

で、来年に向けて今後の目標設定をば。

短期目標:
 ・年内にCountUp1000点超え。
  (現在900点。ちゅうかZiは今日までぢゃないか‥)
 ・Ton、HAT慣れ。
  (続くといまだにドキドキするので)
 ・バレルの買い過ぎをやめる
  (かなりの確率で無理かも‥)

中期目標:
 ・自分のスローの確立。
  (いつでもどこででも投げられる技術とメンタル)

 ・N-PON&Pyonちゃん vs サタニ家 対決で勝利
  (何回戦かはまだ不明)
 ・MATSUさん vs YU-1さん vs K-St2(←おれ)の三つ巴戦で勝利
  (これも何ヶ月続くか不明)

 ・でかい大会でタイトル。
  (来年は遠征してみようかしら)
 ・デカイ大会に奥様と組んでダブルス優勝
  (でる気あるかなぁ)
 ・どこのハウスでもいいからシングル戦でタイトル。
  (レーティング分けでもなんでもいいので)
 ・来年から参加するNDAJリーグ戦の埼玉エリアで年間優勝。
  ZI-6491のみんなでインターリーグ決勝トーナメントに出場する。
  (これは一人じゃできないことなので個人としては希望ですね。)

 ・ハードダーツを投げられるホームを見つける。
  (とりあえず自分に合ったハードダーツ探さなきゃ)

長期目標(死ぬまで):
 ・世界チャンピオン。
  (なにかのwww)

目標は目標なんですけど、とりあえず本気ですよ。はははh。

ということで、みなさん、良いお年を!
スポンサーサイト

現実逃避中

2006年12月27日 15:39

昨日は研修が早く終わったので、クラッシャー君をつれてZiへ19:00時入り。おやじさん、すんません‥。クラッシャー君は家が遠いので22:00には帰りましたが、私は25:00過ぎまで‥。約6時間、ほぼ投げっぱなし。あ、途中でお酒飲んだ(最近、おやじさんに色々工夫してもらってちょっとづつ挑戦中)ので30分くらいは休んでたかも。やっぱ、頭がグワーってきますね、お酒。投げすぎなのか、最後の方は何故か左肩と左側の首筋が変な感じに‥。

ADAJ後にスローの確立を目指して悪戦苦闘、DW-Jさんのアドバイスで救われたりして一時期落ちていたスタッツもADAJ前の頃のスタッツに戻ってきました。レーティングを気にして右往左往するのは愚の骨頂かと思いますが、技術的とかメンタルの向上の客観的な指数と思えば、使い方というか見方を間違えなければ役に立つんですねぇ。上手くなれば、勝手に上がってくと。

と、この先にレーティングがいくつで、なんたらかんたら、と書いてみたんですが、とある方の日記をみて、”ああ、おれ、ちいせぇ”と思いなおし削除。

まぁこれからも頑張っていかなアカンなぁ、と。

で、話題変更。

来年のリーグ戦を迎えるにあたり、Ziのチームのフライトを作りたいな、と思いたちました。
思い立っちゃったんで、構想30分、作成30分で幾つかデザインしたものをおやじさんや一部の常連さん達や奥様に見ていただいたところ、概ね好評。まとめて沢山作るのはなかなか骨が折れるので、おやじさんに相談したところ作ってくれるところを知っているそうで。実際に発注かけるのは年明けかな。ただ書体を書くだけなら安いだろうけど、ロゴだから版下いるだろうしそこそこ値が張る気はしてます。

それとは別に、プロトタイプとか自分用に作りたいのでカラープリンター買うかなぁ、と。1,2セットならなんとか我慢して作れんだろう。たぶん‥。しかし、フライトは開いている面の裏表だけなら簡単そうだけど、閉じてる面にキレイに貼るのは難しそう‥。

実はTシャツも作ってみたい。どうせ着るのは自分と奥様くらいだろうけど。しかし、彼女の美的センスに適う物が作れるとは思えないなぁ。いやでも着せるけどね。

デザインのアイディアをちょくちょく思いつくのでちょっとウズウズしてます。あとは、インフラ周りの整備と時間だけか。

え?大掃除?
おお、そう、じょ?

ダーツフェスティバル & 第3回池袋I&Kハウストーナメント

2006年12月23日 22:45

22日は、Zi-6491でDartWorldの荻野さん主催のダーツフェスティバルに参加。

ハットトリックのARIさんをはじめ、Ziの常連さん以外の参加者が来てくださってハウスっぽい感じで。ゲームはドローダブルス、シングルイリミ(ん?ダブルイリミだったかも‥)のCountUpハイ&ローとシングルのSpeed301。サイドシュートもドローダブルス、シングルイリミの701。

CountUpのハイ&ローは、1人が高得点狙い、もう1人が低得点狙い。ハイとローの差引の大きいほうが次に進める、という形式。低得点狙いの方が制約が多くて、1以外を狙ってはいけないのとOUTすると巻き戻して50点追加‥。

パートナーはOTKさん。何気に一緒に組むのは初めてのような気がする。僕がハイでOTKさんがロー。こっちはひたすらBULLを狙うのみなのでまだいいけど、OTKさんの方はずっとプレッシャーが大きいはずなのに素晴らしい安定感で、終始安定したゲーム運びができた気がする。結局、決勝でも逃げ切ってなんと優勝。うれしい。ちなみに今回はメダルと結構高そうなバレルを貰いました。ああ、あとマドレーヌもね。

Speed301は、僕はからきしで数回トライしたけど、59秒台を切れず‥。1度はハットスタートしたのにそのあとグダグダだったり‥。優勝はハットトリックのARIさん。27秒台‥。すごすぎる。しかし、この競技は難しい‥。

サイドシュートの1発701はダブルスを組み直し。けどまたまたOTKさんと。どうも気の合う日だったようです。さらに遅れてきた奥様がZ氏(誰かはいえません。その日はここにいないことになってるそうなので)とペア。うらやましい‥。え?ホモぢゃないですよ。まぁ、緒戦で負けちゃったけども、なかなか奥様もがんばっていたようです。
そして、われらOTKさんチームは途中、DW-Jさんチームを撃破したりして、なんとまた決勝戦に。おお、すごい。けど、決勝は僕が完全に足をひっぱった形で負け。すんません。途中、まったく入らなくなったんだけど、どうも肩の張りが酷い。緊張なんだろうけども。これはなんとかしないと。

その後もいろいろな方とゲームしていただき。特に荻野さんとは始めてですごい緊張しました。しかし、Z氏と荻野さんのゲームは凄かった‥。あれを観れただけでもすごい財産だ。Z氏ともいろいろお話できて誕生日プレゼントまで頂いちゃって。ありがとうございます。それと、仕切ってくださったu-horiさん、風邪なのに無理してがんばって頂き感謝です。

しかし、ここにきてCricketに対しての考え方をもう一度整理しないと。というか、入らなければ罠も仕掛けられないが。

23日は池袋I&Kの第3回ハウストーナメント。今回はドローダブルス。なのに、相変わらず”ストップ・ザ・サタニ”とか言っている輩がいましたが、ダブルスなのでね。そう、いきり立たないでね。いいけど。

ゲーム形式は501-Cricket-HalfItのダブルイリミ。
サイドシュートは2つあって、シングル、シングルイリミ、オートハンデの501-501-501。もうひとつは、シングル、シングルイリミ、オートハンデの1発Cricekt。

パートナーは初心者さんのYさん。まぁ、僕もダーツしている期間は同じくらいの初心者なんだけども。で、彼は01でBULLよりT20を狙うのがいい、ということで。一応BULL狙いの方がよいのでは、と進言しましたが、途中でお好きなように打ってもらいました。この手のダブルスではこの辺がつらい。けど、彼はT20x2でTON出したりもして、その01は勝てたのでなんともいえないか。ムズカシイ。

しかし、Cricketは自分の不調もあって勝てず、レゴってもHalfItでなかなか勝てない感じで、結局、緒戦負け、ルーザー2回戦で負けました。僕らに勝った2チームは決勝で当たったので、まぁいいことにしましょう。S平君、準優勝オメデトウ!

サイドシュートの501-501-501は、悩んだけどなぜかレーティング12(試合サンプル数は16試合)になっている池袋I&Kでしか使っていないライブカードでエントリー。昔から使っているライブカードはレーティング8なんだけどしばらく使っていないので。まぁ、どう考えても今は12を打つ力はないんだけど、8っていうのも癪なので。

緒戦は501対251だったかな。かなりキツイ差ですねぇ。見た目でやられる感じ。でも相手が上がりで手間取ってくれたお陰でスト勝ち。2戦目は、第1回大会で準決勝で当たった青年。小気味いい感じのダーツをやる人です。で、ここでも100点以上の差が。きつい‥。かれは8くらいだったのかな。で、スト負け。うーん、しかしスタッツで102と94出して負けてるんで、なんか全然悔いがないなぁ。素直にがんばった。

もう一個のサイドシュートはオートハンデの1発Cricket。これはレーティングの高い人が先行で。緒戦は本戦で優勝した人でかなりバチバチに打つ人でレーティングは9くらいとか。まぁ、ハンデはあっても無くても関係ない感じで、きれいに締めて勝つとか考えないで、とにかく点、点、点で。最後のほうはオーバーキルまでしてなんとか勝ち。次は、レーティング2の女性と。つーか、Elphadaさんね。ハンデは16,15がクローズ済み&62点が最初から入ってる状態から。はははh。いや、勝たして頂きましたが。それよりElphadaさんは僕との前の試合で池袋I&Kのハウス参加3回目にしてシングル初勝利。オメデトウ!君はやれば出来る子だと思っていたよ。
で、決勝はレーティング11くらいの人。以前I&Kでメドレーしてその時は調子がいまいちだったらしく勝たせてもらったけどかなり打つお方。スタッフの申し出でこの試合はハンデなしで。おお、すごい気合の人だ、と思ったら試合前対戦相手と話したら、どうせハンデついても18に1本だし、レーティング高いほうに先行取られるならコークの方がいいって。結構ズル賢いのね。全然いいけど。やっぱガチのほうが楽しい。
で、コークは2回アゲインして負けて先行取られたけど、相手が1Round目ノーマークで先行を返してもらった形だったのに序盤でもたついて結局、最後のブラック1本入れば勝ちの状況で決められず、負け。んー、もうちょっとピリッとしたかったなぁ。残念。しかし、最後の方は肩がガチガチだったなぁ。まいった。2位のご褒美にTシャツ頂きました。それと池袋I&Kのスタッフの皆さん、お疲れ様でした。わるえもん、ふて腐れ加減がちょっとかわいかったぞ。

ということで、レーティング12のカードを使ったので、とりあえず池袋I&Kのシングル戦は出れなくなりました。まぁ、今回でサタニ狩りしたがってた人は溜飲を下げてくれたのではないでしょうか。いや、もちろん誰にも負けたくなかったけど。ライブはそんなに打たないからあれだけど、9まで落ちたらまた出れますね。

しかし、二日間を通していろいろと勉強になりました。やっぱりダブルスは難しい。特にファーストはまだまだ経験不足。それはN-PON&Pyonちゃん vs サタニ家で経験を積むとして(絶対負けたくないのさ)、まだスローが全然不安定。特に緊張&疲れてくると肩が張って肘の位置が保てない。筋トレでもするか。

これで年内に予定していた大会は一応すべて終わり。なんか寂しい。けど少し弱点が絞れてきたのでこの時間をつかってスローの安定化を進めよう。で、昨日観た荻野さんとzo-nogさんZ氏のゲームみたいな領域に一日も早く入りたい気分でいっぱいだ。

すご

2006年12月21日 13:59

もし仮に、ダーツ自分史というものがあったとしたら、年表にはこう書かれているだろう。

”2006年12月20日 zo-nogさんと701。パーフェクトゲームで負ける。”

はい。すごかったです。ハット、ハット、ハット、ハット、BULL + T17。4ラウンド目くらいから次もハットでるか?と人様の結果に期待一杯でドキドキしてゲームしてました。始めてお会いしたころは、オレもああなりてぇ、とほざいていましたが、ダーツをやればやるほどその距離が遠く、というか遠いことに気付かされてる感じです。
”なんだ、あれは蜃気楼だったのか”とならないようにもっと頑張らないとなぁ。

はぁ‥。

しかし、zo-nogさんやDW-Jさんのように上手い人達とゲームをさせて貰える、っていうことだけでも幸せを感じますね。え?ホモぢゃないですよ。

そうそう、今までzo-nogさんにゲームして頂く時は先行を頂いていたんですが、昨日はコークで。それだけでも一歩前進じゃないか。そう思おう。‥ち、ちいせぇか‥。

結局、セットを2回付き合って頂きました。Cricketでまた馬鹿なゲーム運びをしてしまい、駄目だし頂きました。ありがとうございます。

さて。

N-Pon&Pyonちゃんカップルとサタニ家のダブルス対決はこれまでサタニ家の4連勝中。昨日は連勝記録を5に伸ばしたところで、第6戦、最近復調してきたN-Pon&Pyonちゃんの猛攻にあい、ついに連勝ストップ。まぁ、敗因は僕ですね。あれだけ入らなければムリだ。奥様は頑張ってましたし。くそぉ。ここらで一旦勝敗を白紙に戻して、N-Pon&Pyonカップル vs サタニ家の対戦表をZiの壁に作るとか作らないとか。うーん、絶対に負けない。たくない。

さてさて。

一昨日、DW-Jさんから教えていただいた諸々を何とかものにすべく投げています。まだまだ難しい‥。スロー自体がまだまだ安定してないし、なんか必要以上に手を伸ばしてる感じでともすると肘が痛い感じも。肘については逆間接にならないように目標にというか指先に手を振っていけばなんとか防げそうです。そうすると、やっぱちょっとプッシュするイメージになるんだろうなぁ。上下左右の狙いはほぼ壊滅的。01で上がれません。Cricketしかり。ただ、狙いは手順を踏んで地道に練習していけば、なんとかいけるんじゃないかと思います。練習量によるのでどれくらいかかるかわからないけど。今朝、10分しか投げる時間がなかったんだけど、肘と手首とグリップの関係について、あと肩も、ん?スタンスも関係あるかもしれないな、とにかくちょっと気にあることがあったのでこれを探求してみたい。あー、投げたい。

と、悠長なことも言っていられません。
来月16日からリーグ戦が始まります。なんだ、もう3週間後じゃないか。もちろん目標はシーズン優勝。そのために自分が出来ることは何かちゃんと考えないと。とりあえず初めてだからまずは雰囲気になれて‥、とか生っちょろいことは言わずに、この前のADAJの時みたいに、オレ主役、的なアレでいきます。え?予選落ちしたじゃないかって?

うん。だから?

うえあ

2006年12月16日 12:07

連日ゴルフのことしか考えていなかった時期は、クラブ以外のバックなりウェアなりもそれなりにお気に入りのものを集めてたりしました。普通は、クラブのメーカーに合わせてみたり、アディダスやナイキみたいなメジャーどこのアパレル専門のとこのを買うんでしょうけど、あるとき、DWDを知ってぞっこん。
デザインは死ぬほど好きなわけではないけれど、ちょっと変わった感じのデザインがあったりして面白いなぁ、と。それと当時、周りにDWDを持っている人がいなかった、ってのが一番の理由ですけど。

さらにDWDオタクに拍車がかかった理由があって、たまに呼び出される五反田の本社の近くに、このDWDの東日本側の販売代理店があったのでちょこっと通っていたら、いろいろ良い思いをさせてもらったりして。いい思いでだなぁ。皆さん元気かなぁ。

て、つい半年前の話なんだけど‥。

ダーツをする時の服装について色々悩んでいて、普段はまぁいいとして、試合の時はDWDのポロシャツ、つまりゴルフウェアで試合に出たりしていて。たぶん、ADAJ FINALでゴルフウェアを着ていたのは僕だけでしょう。そして、アロハを着ていたのはu-horiさんだけでしょう。
ベストドレッサー賞とかないのか。

えーと。

ZiのTシャツも1枚持ってるんですけど、紺が欲しかったんだけど無くて、なんとか許せる範囲だったのがカーキ系(文字が金!うぅん‥)。しかし、チノパンと合わせ辛いのが難点でつい他のを着ちゃう。Gパンには合うんでしょうけど、高校卒業以来、Gパンは年に1回穿くか穿かないかだからなぁ。実はGENさんにZiのTシャツの白バージョンを頼んでいるので、それがすごい楽しみ。早くこないかなぁ。

そうそう、この前にADAJの時にYokoさんとOTKさんの二人だけで作ってきたZiのロゴ入りのジップスウェット、あれもいけてました。紺地にグレーの刺繍。カックいい。そうだなぁ、僕なら茶地にオレンジの刺繍がいいなぁ。
Yokoさん、これ読んでたら刺繍屋さん教えてくださいね。

しかし、どうせならZiZiでカッターシャツでも作んないかなぁ。背中に個人の名前入り、みたいな奴。胸ポケットも欲しいし。Zuccaかなんかでデザインしてくんないかなぁ。(ありえねー)
ああそうだ、キャップも欲しいなぁ。
うーん。

ということで(?)、ダーツ関連のアパレルを初ゲットする試みに出ました。
TripleightのTシャツ。
ここ暫くは、RASETU2で落ち着いてるし、ダーツ初めて3ヶ月ちょいであれだけTripleightのバレル買ってるんだから文句ないでしょう。(誰にいってるんだ)

届いたんですけど、Lサイズがデカイ‥。奥様用に買ったMサイズで僕にちょうど‥。やっちまった‥。冬の重ね着にはかろうじて許せますけど(やっぱあんま許せない)、夏はダルダルだなぁ。寝巻きかわりかなぁ。

はぁ。

蒲田ブルールーム

2006年12月14日 23:58

以前、zo-nogさんに紹介して頂いた蒲田のブルールーム(BlueRoom)に投げにいってみました。とにかく、メンタリティと技術を上げるには凄い人のいる店に行くしかないかと。

んが、一人では恐い(笑)ので、一緒にダーツを始めた後輩のコワモテNo.1、“小惑星クラッシャー”改め310C君と一緒に。雨のなか彼の最新GPS携帯による華麗なナビゲーションにより、蒲田駅をはさんでお店の反対側につれて行かれた上、さらに携帯は電池切れ‥。すごい精度だ。

お店について早速ダーツ。台はライブ2台とフェニックス2台。ハードも打てるのかな、と探しましたがボードは外されてたみたいです。
フェニックスを始めて打ちました。となりにあったライブと比べると小さく感じる(ちなみに、310C君曰く、フェニックスの方がデカくみえるそうだ)し、セグメントの淵が黒っぽいのが返って集中力が増すみたいで。刺さった感じも優しい感じでかなり好きかも。音は、いまいち好みじゃなかったが。

ゲームは310C君とメドレーを3回。
よく考えてみたら、310C君に誘われなかったらダーツをしていなかったわけで。同じ日にダーツを始めたのである意味、永遠のライバル。いつも全力勝負でいつも良いゲームが出来るので、こういう関係は大事だなぁ、と思ってみたり。最近は負けなくなったので彼としても歯がゆいみたいで、僕をぶっ潰すのが直近の目標だそうで。でも負けないけどね。しかし、後輩が先輩に、”ぶっ潰す”とかフツーに言える会社って素晴らしい(笑
2戦目のCricket中に台がダウン。電源が落ちた感じ。再立ち上げでもコケる。フェニックスには多いのか?もちろんお店の人がお金を返してくれて隣の台でやり直しました。

食事も頂きました。スパゲッティ。やっぱ夕食時だから食事できるのはいいなぁ。

帰りに、”zo-nogさんの紹介できました”と大場さんを尋ねましたが、スパゲッティ作ってくれたのも、400円返してくれたのも大場さんだったそうなんですが、その時はいらっしゃらず。残念。しょうがないのでスタッフの女の子から小さな笑いをとってから帰ってきました。

お客さんがあまりいなかったせいか、二人で淡々と打ってましたけど、特に初めての場所だから、という緊張は皆無でした。それより驚いたのは、新スローの確立中で昨日はヒドイ出来だったのに、今日は01が23~25くらいに戻り、Cricketは3.2~3.5。01はもっとBULLに入らないとダメですけど、それでも昨日とは雲泥の差。理由はわかるようでわからない。確信が持てるまでまだまだ時間がかかりそうです。

と、としか…

2006年12月13日 20:59

報告が遅れましたが、この前のADAJ、うちから出た4チームのうち予選落ちは2チーム。
Level2のARTK夫妻がベスト16、Level4のMATSU&fj9さんペアがベスト8!
凄い。尊敬します。
いやぁ、試合も凄かったそうです。fj9さん、CricketのBULLまくりで6本BULL打ってinBull3本だって‥。カックい~い。
応援できずにすんませんでした。
人間ドッグめ。

さて。
えー、昨日あたりから壊れ気味です。ふと思い返してみたらダーツを始めてから平均睡眠時間が4時間くらい‥。ゴルフに比べると体力がいらないので騙し騙しやってきていますが、さすがに疲れてきました。

自分の仕事自体はダーツ始める前と特に変わりなく取り組んでいるので許してもらうとして、いや、それも怪しいか。なんせ日中、眠すぎるので‥。残業無し日にそのままダーツしにいくと寝ぼけてることが多い‥。帰りにZiへ寄る時は川崎から片道2時間かかるので運良く電車で座れれば睡眠時間が取れるので幾らかマシ、みたいな。

体、もつわけないよなぁ。最近は100円でできるCountupなどを立て続けに5,6ゲームした後、トイレやら、煙草を一服などして一息ついてから再度スローをしようとすると、腕が重くて上がらない感じに襲われます。

やれやれ。

それはそれとして(いいのか)、昨日からやりたかったことに挑戦開始。それは、スローの確立。ADAJが終わるまではどうなるか怖かったのでこの作業は封印していました。

今、自分の中には2つのスローイメージがあります。

TypeAは、自分のクセを治すというよりはクセを取り込んだ感じの投げ方。以前zo-nogさんとゲームして頂いたときに、「右にいくクセは直した方がいい」とアドバイスしていただいてから、一睡もせずに飲まず食わで(ウソ)スローを探してたらなんとなく型になったもの。言葉にすると簡単で、要は右に外れるなら出始めをズラせばいいでしょ、という安直な発想。
右目と左目の間(三つ目のあたり。ないけど)からダーツが飛び出すので、ダーツの軌道はシュートのイメージです。実際にシュートしてるわけではないですが、利き目である右目の左上から飛び出すのでそう見える、ということで。腕の振りが結構単純なので、再現性が高くてハマると強いです。
ADAJの前日に出たCountUp900ピッタリはこの投げ方でした。困るのは、BULL以外を上手く狙えないこと。特に上が打ちにくい。軌道のイメージがつかないことが多い。まぁ、下も打ちにくいんですけど。

Type2は、目と目標の延長線上にダーツがあるイメージ。狙いの上下の違いによりダーツを構える位置の上下は若干変わりますが、TypeAに比べるとより直線的なイメージです。ダーツの軌道はストレート、というよりはSFFでしょうか。よくわかんない。
上下の打ち分けについて(DartWorldのSGさん改め)DWのJさんからアドバイスを頂いた時に、狙いの基準をシンプルにしておかないとCricket(01もだけど)は勝てない、と思ってから考え始めたもの。
TypeAの腕の振りがシンプルなのに対して、こちらはちょいと複雑です。
バックスイングで肘が上がります。最初の頃は、悪い動きかも、と思って猜疑心がありましたが、例のzo-nogさんに教わった投げ方のポイントとシンクロしていることに気づいてからは余り肘のことは気にしないことにしました。
腕の振りのイメージがプッシュっぽくなっているのですが、この動作がとても再現性が低いのが一番の問題(グルーピングし難い)。たまにすっぽ抜けもでるし‥。
昨夜は池I&KでもZiでも、とにかくBULLのアウターリングの下1cmくらいのところに集まって辟易しました。左右もばらけますが、高さも一定にならない。低いのが続くと無意識にリリースで押し上げる動きがではじめて今度は上にいきます。もうこれの繰り返し。
それでも、なにがスイッチになっているかわからないのですが、急に2連続ハットが出たりもする。この理由がわかれば‥。1つヒントになりそうなのは、バックスイングで一番引いた位置でかなり肩に力が入ってしまう、ってことをさっきトイレで(笑)気づきました。
かなりカンファタブルに構えているのに、結果的にギリギリって感じで引いてきてしまっている感じ。うーん、なんだろう。
ただ、この打ち型のいいところは、上下の打ち分けもBULLへもほぼ同じイメージで打てる気がすること。これが一番好きなとこ。

ということで、どちらで行くべきかオレ会議に問うたところ、

Type2でいってみ

となりました。
理由はどこにでも同じイメージで打てるようにしたいから、だそうです。

しかし、入らない‥。

あわわ

2006年12月12日 00:56

仕事が長引いて外打ちの店を新規開拓できず‥。

書きたいことも多々あるが書き出すと時間がかかりそうなので、今日は練習。

ああそういえば、ついこの間、家のブリッスルのインナーブルのリングがぶっ飛んだ。
ちょっと驚いた。

んと、練習します。

ADAJ ダブルスLevel5

2006年12月10日 18:18

今年最後のデカイ大会、ADAJに参加してきました。
ダブルスのLevel5。予選は4チームのラウンドロビンで1位抜け。
結果は、

1戦目 0-2
2戦目 1-2
3戦目 2-0

1勝2敗で予選ブロックラウンドロビンをあっさり敗退‥。
昼前には終わってました‥。

もっと上に行きたかったなぁ。
予選だったせいかLevel5にしては相手もそんなに強い感じではなかったんだが‥。
ちなみに、Prideでも会った川崎I&Kの店員さんと同じブロックでしたよ。負けたけど。

収穫としては、過去参加してきたデカイ大会と比べると格段に落ち着いてプレイできて、スローも見失う感じは少なかったこと。
ああ、なんかやっていけるかも、と思いました。

Level2で参加したATK夫妻は2位抜けで決勝トーナメントも3回勝ち抜いたけどその次で残念‥。でもカッコよかったっす。ベスト16くらいには入っていたんではないでしょうか。ATKさんがすごいのはわかっているんですが、奥様のAKMさんが試合を重ねるごとに上手くなっていくのがわかってちょっと感動しました。

インターリーグの準決勝戦を観戦。PalmsBlackのzo-nogさんの試合を観る。K-ponさんが2連続WhiteHorse出した横でzo-nogさんがWhiteHorse出したり‥。圧巻を通り越してた‥。結果的にはPalmsの圧勝だったんだけど、対戦チームもすごく強かった。

正直、こんな人たちがエリアが違うとはいえ同じリーグでいいの?と思うくらいの実力差だ。同じ土俵じゃオコガマしい感じ。
来年からリーグ戦に参加するんだけど、こんな試合を見せられると、”宿敵チーム打倒”、じゃ目標設定が低い感じがします。すごい人たちをすごい人たちと感嘆してばかりじゃダメだと思いましたよ。そういう人たちに追いついて追い越さないと勝てるわけありません。

これを”ハナから無理ね”と鼻で笑ってやり過ごすか、”可能性はゼロじゃないんだ”と目標にするかで今後がずいぶん違ってくると思います。

今の練習量を倍にするのは生活の制約上むりだから、違うアプローチを考えねば。

帰りの電車でありとあらゆる劣等感に苛まれつつ考えましたよ、なんでこんなにダーツにハマッてるんだろうな、おれ。

メンタリティ

2006年12月09日 15:05

昨日は池I&KでCountUpが854。
トリプルキャッチとかなかったですからね。(たしか‥)
果たして年内1000点超えは達成できるだろうか。

ゴルフの時も思わぬときにベストスコアがでたりしてたので、ダーツと似てますね。

しかし、ダーツのいいところは、ゴルフよりコンスタントに練習、ゲームができるところ。

”ゴルフ練習場で週2日の練習と月1コース” 対 ”毎日練習、ほぼ毎日ゲーム”

では、ゴルフの方が技術的に数段ダーツより難しいことを考えると、ダーツのとっつき易さは偉大かもしれない。僕にとっては。まぁ、お金も暇もフンダンにある人には関係ないのかもしれないけど。

メンタルはどちらも同じ感じかと。高名なゴルフティーチングプロのハーヴィー・ぺニック先生著の”レッドブック”、”グリーンブック”に、教える側の心得が幾つか載っているんですが、プレイする側にも結構役立つ考え方があります。

それは指導する際に、

”XXXをしちゃいけない

という言葉、つまり”not”を使わない事。

というもの。
”だめ”といわれると人間は萎縮するそうです。やっちゃダメなことばかり気にしてやるべき本質を見失い勝ちになる、ということもあるかもしれません。奥様にゴルフを教えてた時、これを実践してみましたけど、なかなか難しかった記憶があります。

これをダーツするときの自分の考え方に展開すると結構よいんではないか、と最近思っています。

ダーツの場合、”ここでハットをださないといけない”と考えると嫌なプレッシャーになるけど、”よし、ここは一本でもいれて追い上げよう”という感じの方がよい緊張感になると思います。

まぁ、実際には”これを入れれば勝ち”という痺れるところでは、なかなかそうも行かないんですが。

しかし、失敗を考えるより、成功を考えていたほうが結果はいいように思います。”失敗しちゃいけない”ではなく”成功しよう”みたいな。ポジティブな精神状態でいられる、っていうこと自体で実はもう半分成功しるような気がします。いつでもそういう精神状態でいられないことが難しいわけですが、それに少しでも近づくには、結局、練習と場数踏んで経験積むしかないのかなぁ。

ないんだろうなぁ。

絶えず楽な道を探す男より

浮き沈み

2006年12月07日 18:17

昨日は定時退社日で、仲間と川崎バグース。台はライブ。

天井が低い上に空調の噴出し口が上にあって、構えると腕に風があたり、投げるとモロに風の影響を受けてダーツの軌道が変化する。最初はおもしろかったけど、やりにくい‥。場所を換えてもらってダブルスとか。序盤は01でスタッツ112とかでて調子がよかったのに段々ひどくなり、最後の方は30台とか‥。
なんなんだろう‥。

地元に戻ってZIへ。
水曜日なのに外人の日‥。
思わず後ずさりして帰ろうかとも思ったけど、ADAJ出場を控えた常連さんの面々とDartWorldの方々がいらっしゃってたし、今日はメンタル強化デーということで。

アップもそこそこ、SGさんに挑戦。
ひどい‥。
01で15PPDとか‥。
ゲーム中、「どうしちゃったの‥」と声を掛けていただき‥。

セットを2回付き合って頂いたあと、色々とみていただいて。頭があがりません。おかげさまで大分マシになったんだけど、こういう悪い状態にはいつでもなりえる(っていうかよくなる)んで自力で戻せるようにしないと。つくづくダーツは心と体のバランスだなぁ、と思って、

SGさんとゲームしていた間はよかったのだが、fj9さんとセットしてる間に外人さん達エスカレート。

本日のメンタル強化項目は以下。

難易度1:異様に騒がしい。
10数人がガヤガヤと。英語がメインだから実はあまり耳に入ってこない。でも、「Fuck'n Jap」くらいはわかりますから。(by ブラザー)
あと、突如大声で歌いだしたりするんでちょっと驚いた。
まぁ、これはすぐ慣れます。

難易度2:スローラインに立ち難いほどそばでしゃべってる。
これも体に触れられないうちはすぐ慣れます。
池I&Kの試合の時も広いとはいえないし、この前のD1-MAXinさいたまはもっとゴチャゴチャだったし。けど最後の方は立ち位置さえ確保できなくなってさすがに、下がってくれ、といいましたけど。

難易度3:スロー中に前を横切る。
ええ、1投した後に思い切り横切られましたとも。
会釈もありません。でも普通に2投目が投げられました。何故なら調子が悪くてそれどこじゃなかったから。

難易度4:スロー中に体に触れる。
スロー中だろうがお構いなしに真後ろをズカズカ通るわけですが、軸足じゃないほうの足に当ってくこと数回。これはスローが中断するのでかなり効きます。

難易度5:横からダーツが飛んでくる。
これが一番効きました。
このときは僕がスロー中だったんだけど、バシャっと隣から3本まとめてこっちの台の前にダーツが飛んできて。さすがに平素から温厚で通っている(うそ)私でもキレかかりました。無言で思いっきり睨んだら、謝ってきましたが‥。

難易度6:ちょっとエッチ‥
女の子(外人)が上着まくってブラジャー姿に。順番待ちの時、たまたま目撃したんだけど。
まぁ、これはいいです‥。

驚いたことに、こんな状況でも自分のダーツには大きな変化はありませんでしたねぇ。ままならないことをどう受け入れるか、っていうのはまさしくメンタル強化にうってつけかと。基本的なスタンスは”無視”なんですけど、いっそのこと一緒になってワイワイやればいいのか?とすら思ったけど、それはちょいとムリ。

酔っ払った外人さん達の素行をとやかく言っても始まらないんでしょうが、しかし、”難易度5:ダーツが飛んでくる。”の時はさすがにキレかかりました。
マナー違反も甚だしいし、第一危ない。

お店の方では、過去何度も注意を試みたそうですが一向に直さないそうなので、なかば諦め気味。裏を返せば、この外人さん達はマナー違反と知っていてマナーが悪いってこと。

外人さん達は沢山お酒を飲むでしょうから、大切なお客さんだ、というのはよくわかります。特に僕はお酒を飲まないのでお店に対する売上げ貢献という観点で客の良し悪しを計るなら、外人さんの方がいいわけだし。

個人的には今回でだいぶ慣れたので、もし今後万一外人さんの日にあたってもメンタル強化と割り切れて投げたければ投げるし、嫌なら帰るからいいです。ここをお読みの方で”メンタル強化したい”って人は是非、外人デーのZiに投げに来てください。一回り大人になれること請け合い。

僕が唯一心配なのは、
こんな日に3ヶ月前の僕みたいにダーツ初心者で、ただただダーツをしたいために、今思いかえせば笑ってしまうくらいの勇気をだして、やっとの思いでダーツバーにやってきたご新規さんがいたとしたら、次からはたぶんもう二度とこの店には来てくれないんじゃないか、ってことです。

それを思うと、悩ましい。

携帯から

2006年12月06日 17:10

20061206171024
テストです

うーん

2006年12月03日 16:45

昨日はZiで来期リーグ戦結団式&鍋パーティ&突如のミニハウストーナメント。

ドローダブルスでゲーム形式は501-501-301。4チーム3グループのラウンドロビンで1位抜けの3チーム+負けチームでカウントアップの最高点チームがWildCardで決勝トーナメント。決勝は501-Cricket-301。

パートナーは空手の先生の弟さん。つまり僕のほうがファースト。試合で初めてファーストを経験。オラもエラくなったなぁ。

しかし結果からいうと、
1戦目 0-2
2戦目 1-2
3戦目 1-2

で全敗で敗退‥。敗者復活のカウントアップも多分最低点で敗退‥。
うーん、いかんともしがたい。
序盤はほんと入らなくて。しかし、ファーストは緊張しますね。パートナーの分もカバーして、入れなきゃ入れなきゃ、ってなる。2戦目から吹っ切れてきて入りだしたけどアガリをミスったり。なんだかなぁ。

しかし、今回の大会で特筆すべきは奥様の活躍。
fj9さんと組んだんだけど、予選緒戦のファーストを投げて、最初のラウンドでいきなりロートン出したり。しかも、予選でアガリを3回もやってのけたそうで。やっぱ勝負事につよいなぁ。かつてオレが奥様に桃電で一度も勝てないのはフロッグじゃなかった。(なんだそれ)。
おしくも準決勝でまけたけど、3位決定戦では真中の台でfj9さんと堂々投げてる姿がカッコよかった。特に最初の501で34をD17で一本で上がってみたりして大活躍。で、3位に。いやぁ、すごい。目頭が熱くなったよ。(ウソ)
そうとう味をしめたみたいで帰りの道すがらいつもより饒舌な奥様のいうことには、来年のZiのハウスには出てみたいとか。いやぁ、ハマッてますな。

帰り際にu-horiさんがいらして、12/10のADAJのダブルスのクラス分けのプリントを頂く。

レベル5。

はははh。
すごいぞ。

もちろん、優勝することしか頭にないんだけど、昨日のハウスみたいに不甲斐ないゲームをしていたら絶対ダメなんで、気を引き締めて挑みたい。全部勝ちたい。

やた

2006年12月02日 15:30

あずきが苦手なクセして、森永あずきキャラメルがおいしく感じる今日この頃、皆様、いかがお過ごしですか?

一昨日はZiへ。
木曜日なので外人さんだらけだとイヤだな、と思い、電話でマスターに聞いてみたら、
まだいない、とのことで。(結局この日は外人さんは一人だけ)

N-Ponから誕生日プレゼンツを頂いた。
ありがとー。
マスターにはおごって頂いた。
ありがとうございます。

なんだか40歳もわるくないです。
(コロコロ変わるなぁ)

この日は、DartWorldのSGさんがいらしていたので、対戦していただく。
01落として、Cricketで勝ち(!)、レグオールでのCricketでも勝ち(!)、
なんとあのSGさんから初めてセットを勝ちました(!!!!!)

あー、やたね。

この喜びをどう表現したらよいのか、
Ziの窓ガラスを開け放って「勝ったぞー!」と叫びたいけど、窓開かないじゃん、ん?開くのか?
とかなんとか舞い上がる暇もなくそのあと2セット付き合って頂いて、で、2セットともボコボコにやられました‥。

というか、
弱い、おれ‥。

2セット目のCricketから例の急に入らなくなる感じに襲われて。
どうしたものか‥。
とはいえ、目標の人に1回でも勝てたのはうれしいです。

1セット目は例のフラフラ飛びも少なかったようでSGさんには、別に飛びはいいよ、と言って頂いたが、残りの2セットはフラフラ飛びだらけ。なんというか、入っているうちは飛びもいいんだけど、入らなくなって自信なく投げるとフラフラするんだろうなぁ。入らないかも、と思って投げてる時点で気持ちで負けてるじゃんか。

ちゃんと投げているつもり→でもBULLを囲む→修正してるつもり→もっとバラける→やっぱ入らないかも(ガクブル)→でた、フラフラ飛び→自己嫌悪‥

みたいな。
目標に手を伸ばす、というのが最近の課題の1つで、自分ではそれが出来ているつもりでもまったく入らないのが続くと正直きつい。もちろん、大会とかで、負けたら最後、とかいうシチュエーションなら置きにいってでもなんでも入ればいいんだけど、普段から置きにいく投げ方を続けていると後々絶対タメにならない、ってことを最近痛いほど知ったのでここは耐えて投げ続けるしかないんだろう。

あー、上手くなりてぇ。
っていうか強くなりたい。

12/10はADAJ。今年最後の大きな大会。
今の自分の実力では”調子を上向きにする”云々とかそんなかっこいいことじゃなくて、意地でも1本でも多く狙ったところに入れる努力をするしかない。どんなレベルで参加することになろうと試合になれば気合で頑張るだけ。この前の埼玉大会の時みたいに、相手を気にして後手後手に回って崩れるようなヘマはしたくない。

金曜日は帰りに池袋I&Kに寄ってミニ盾をいただいて。今度はオレンジ色。字が見やすい。準決勝で当たったひささんからmixiに招待していただく。なにげに初mixi。業界人なのに‥。
帰りにZiへ。MATUさん、yu-1さんにお相手していただく。全然BULLに入らない。この前の試合の感覚をひきづってるのか‥。最後の方はちょっと持ち直したけど、うーん。
練習あるのみ。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。