スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさ

2011年06月29日 09:39

ということで、
ひさびさに上野のミズタニカメラにいきました。

この前の地震で戸棚からローライが落ちたり、ぼくのモデルになってくれた猫が亡くなってたり、新しくバイトさんが入っていたり、密かに狙っていたCanon7のレンズだけが売れちゃってたり、と久々かつ短時間ではありましたが、ミズタニ師匠とお話できて楽しかったっす。

で、バケペンの55mmF3.5をゲト
。100mmのフィルターとフードもゲト。

しかしデカい…。

トータルで3kgオーバーでしょうか。
プルプルがとまりません。

オレの手ブレは高鳴る心臓の鼓動…

はい、意味不明。
ただの筋力不足です。

ダーツをやったことのない人は、

「ダーツってスポーツじゃないよね」

ってきっと思ってるんだろうなぁ、

ってダーツやってる人は考えるように、

っていう、ように、じゃないっていうくらいカメラは全然スポーツじゃない。

けど、

重いカメラが疲れるのは紛れもない事実なのだ。

では何故、と問われると、"そこに山があるから"的な感じで"そこにデカいカメラがあるから"的な感じで。

まぁ、いいじゃないか。
細かいことは。

ところで誰か100mmのY2フィルター、譲ってくれませんか?
スポンサーサイト

ポン&ピョン邸へ

2011年04月28日 00:37

ということで、
日曜日にFJ家とマツと一緒に西ポン夫妻の新築のお祝いにいってきました。

白かったです。
そして広かったです。

しかし庭のスペースがあれだけ広いとかなり開放感がありますねぇ。
それとその昔西ポン家に贈った横尾忠則のポスターを”おおっ”というところに飾ってくれていて。
素晴らしかったです。

久しぶりにカメラを持ち出して。

シオンヌはK20D+Takumar85mmF1.8をメインで。
かなり動くと予想されたので枚数こなすためにもデジタルが正解だったと思う。
んだけどなぜかオートフォーカスを持っていかないところがオレだ。
まぁ、若干の後悔はあるけども…。
暗くてピント合わせが地獄でしたわ。
8割がたピンボケって…。
Flektogon35mmでも何枚か撮ったけどこれはなんか画角が難しい感じだったです。
(ほぼ標準画角なのにな。)

_IGP3488
おびえるシオンヌ。

フィルムはユニバーサルプレスとC220の間宮兄弟。

プレスはポラ専用に。
人が集まるところだとポラはいいですね、すぐ見れて。
あれだけ明るい家でもISO100で75mmF5.6となるとシャッタースピードが稼げないんだなぁ、
とか今まで散々知っていたはずのことでパニクってみたり。
しかしプレスのレンジファインダー、こんなにズレてたっけか?というほどピンボケ連発…。
いや、ズレていたのはオレの目のほうか…。
さらにお食事前の全体写真は三脚&ゼンマイ式タイマーまで用意したのに何故か写らず…。

ははは。

android IS05
ポラをAndriodのポラ風で。

FJ家の御曹司はC220メインで。
家でるまではPENTAX67でいこうかと思ってたんだけど、あのシャッター音では子供泣くな、と思いC220で。
二眼特有の威圧感のなさもよかったかも。

それはそれとして、しかしどうもスポットメーターのISO設定を間違えてたような気が
いまさらながらしてきた…。
まぁ、明日には現像から上がってくるのではっきりするけども。
うーむ。
っていうか、近距離時のパララックス&露出補正も忘れてた気が…。
いや、忘れてた。(キッパリ)
ドアンダー連発の匂いが…。

はぁ。

C220は、人を撮ると思いのほか素敵に撮れるカメラなので期待はおおきのだが…。
写ってなかったらごめんなさい、FJ。
今はネガのラティチュードの広さにすがる思い。

ま、結果はともかく撮る行為としては超が付くほど満足感が。
やっぱ子供はすごいね。
シオンヌの目力は、なんかこれからの人物撮りにヒントをもらった気分。
リョウタをファインダーで覗いて多彩な表情のオンパレードに気付いたのも収穫。
子供を撮るのはおもろいですなぁ。

って、結局カメラの話になるのね。

フィルム

2010年10月06日 12:30

ところで、フィルム生産はどんどん減ってきていて、銘柄も減ってます。
売り方も1本売りの銘柄が減ってきていて、5本パックとかになってます。
最近フィルムを始めた身としては使ったことのないフィルムをいきなり5本
も購入(2500円くらいします)するのはなかなかハードルが高いです。

と思っていたら、静岡に出張した際にたまたま見つけたカメラ屋さんに入って
みたら、なんとそこは5本パックとかのをバラ売りしてくれる店でした。
おかげで、160NCとか400NCとか135も120も欲しい数だけ手に入れられました。

うーん、素晴らしい、杉山写真材料店さん。
都内ではビックとかの量販店にしか行かない(っていうか知らない)ので、
なんともこういうお店は貴重です。

ホースマン

2010年10月04日 12:30

HORSEMAN VH-Rを手に入れて以来、いろいろとトライしてるんですけど、
なんか格段にこのカメラは難しい感じですねぇ。
どうもいろいろ使いこなせません。
あげく、レンジファインダーで撮ってるのにチルトとかスィングとかして
みたりして、当然のように仕上がりはわけのわからないことに。
VH-Rで撮った写真の歩留まりは悪すぎです…。

やれやれや。

VHR_ROLL004_img008
これはレンジファインダーで。
TOPCORもFUJINONもとても好きな感じで写ります。
うーん、なんか贅沢な撮り方のような気がしてきた。

VHR_ROLL006_img001
これがレンジでとりつつスィングとかしちゃって妙なピント範囲になっちゃったもの。
奥までピントがあいつつ左右がボケるという…。
まぁ、レンジファインダー覗いててもこの効果はわからんわけで、なんつーいいかげんな撮り方なんだろう。

それはそれとして、そもそも、ピントグラス見ながらいろいろ決めるのが超が付くほどめんどくさい。
まず、暗い。最近手に入れたAPO-RONARはF9からだし…。
というか、ピントグラス自体があんまりいい状態じゃないのかもしれません。
それと三脚。
ピントグラス外してフィルホルダー付け替えるだけでなんか動いちゃう感じで。
まぁ、これはもっとちゃんとした三脚を手入れろよ、ってことなんでしょうけど、
どーも三脚は何にしたらいいかさっぱりわからない。
考えなきゃいけない要素が多すぎるんだよなぁ、三脚。
とはいえミズタニさんみたいに三脚フェチもいらっしゃるわけで、
嵌れば嵌るのか。

うーむ。

ぬまた

2010年10月02日 12:30

10月ですね。

タバコいっぽん頂けますか
ていえないのさ
西日差す喫煙室で

どうもサタニです。

俳句でもなきゃ
詩でもないです
上の句は

句、って。

そんなことよりとにかく写真ですけども、
ここのところは最近行った沼田城跡の写真を続けて上げてます。
ま、ゆかりのものを一々撮らないところが私のポリシーなので
どこが城跡なんだかわからん変な写真ばかりですけどね。

陸亀を放し飼いにしてる人がいたりして面白いの撮れたり、
P6x7_ROLL015_img009

材木置き場があんなにフォトジェニックだと知ってみたり、
P6x7_ROLL017_img005

薄根の大クワが思っていたより大きくなくて、
そして満身創痍だったことを知ってみたり(すでにそこは沼田城跡じゃないが…)、
XLSWのレンズが指紋だらけなのに気付かずになんだか淡い仕上がりになっちゃったりと、
いろいろと話題に事欠きませんでした。

しかし、PENTAX6x7、覗ける分イメージ通りに撮れてよいのですが、
視野率が100%じゃないので端っこに余計なモンが写るんすよねぇ。
まぁ、紙に焼くのが前提でトリミングすればなんてことはないんでしょう
けど、僕、焼くの持ってないし。
フィルムからスキャンして仕上げる場合、黒枠を残した方が締まる場合が
多いので、この辺がなかなか難しい。

ま、余計なもんが写ってたおかげでいい感じになることもあるので、
それはそれでもいいですけどね。
レンジファインダーだと端からアバウトなせいかあっさりと許容できるのに、
一眼だとそうならないのはなんででしょうねぇ。

なまじ、見えてる(た)からか。
人間の欲とは恐ろしい。

な、ない

2010年09月29日 12:30

ネタがないことをネタにする。

というのはブログの常套手段ですね。
そう書いてるそのくせ、ちゃんとネタになってるのが多いような気がしますが。

いいんですけど。

ほんとにネタないっす。

ということで、神々しい鶴瀬西給水塔でも見てってください。

P6x7_ROLL014_img006

そうそう、しぞーか絡みの仕事は10月までとなりました。
けっこう、長かったですわ。

トプコール P.S 105mm F3.5

2010年09月06日 12:30

トプコール P.S 105mm F3.5

P.S
って何の略なんすかね。

ということでフィルムバックもトプコールP.S105mmF3.5はすぐ直って返ってきました。
それとちょっと形状が普通と違うレリーズの先端で困ってたんだけど、ミズタニさんから情報もらって他店でゲット。これ、ちゃんとボディに固定できるところがよくできてる。

さて、105mmは35mm換算で大体50mm前後。
好きな画角です。

VHR_PS105_100C_img025
距離計使ってパチリと撮ったり、

VHR_PS105_100C_img028
ピングラ覗いて接写してみたり。
まぁ、マクロレンズではないのでそこそこしか寄れませんけどね。

どちらの写真もポラロイドで。
結果がすぐわかるのでいいんだけど、アオリを使う場合結局ピングラみてもいまいちどうやってつめていっていいかわからず。なんか暗いのもそうだしピントの山がどうもつかみにくい感じ。
なれなのかなぁ。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。