スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 ADAJ FINAL in Tokyo

2009年12月08日 20:07

ということで、
久々に、というか1年ぶりにデカい大会に行ってきました。

ここんとこ忙しくて毎日スーツ。
スーツはいいんだけど、忙しくて(というか朝が早くて)平日の外投げが出来な
い状況。
そんななか、ジョン・パート先生のありがたいお言葉、

「1日5分は投げよう!」

をウチで実践してます。
いいのか、そんなことで…。

さて、何気に東京大会はこれで4年連続出場。
今回も奥様と。
CCフライトは今回も人が多かったです。

ロビンは勝ち、負け、勝ちの2-1で2位抜け。
奥様はいまいち調子が上がらず辛そうでしたけど、自分はそこそこ好調で。

決勝1回戦はなんと、マツ&コバと…。
おお、前日、同じフライトと知ってから当たりそうだなぁ、とは思っていたが何
も1回戦で当たらなくても…。
なんだか緊張感に欠けてしまいズルズルとした試合でしたが、レゴった01でマ
ツが上がリ損ねたところを、奥様が華麗にフィニッシュ。
うーん、やり難かった…。

結局、決勝3回戦で負けたんだけど終盤は自分が全然入らず、奥様に助けられて
た感じで。
うーん。

同じフライトにダンデで一緒に投げてたカトリーヌとダンデのマスターのご子息
のペアがいたんだけど、準優勝だそうで。
おめでとうございます。

ということで、なんでしょうか、歳のせいでしょうか、あの人混みはなかなか堪
えたわけで。

え?K-PONラーメンは美味かったっすよ。
チャーシューと汁(しる、とかいて、つゆ、と読む)がいい感じでした。
スポンサーサイト

2009/10 ZI-6491ナイトハウストーナメント

2009年10月11日 14:38

_IGP1208

「ガオー!」

と叫んでいるわけではありません。
めずらしくオヤジさんの”ゲームオン”でした。

ということで、1年ぶりにZiのナイトハウスに出場。
奥様はお休み。

半ちゃんと組んで。
特に酷い緊張とかはなくていい感じに集中できました。
しかし、01はいいとしてクリケがまったくだめでした。
予選のロビンは全勝一位抜け。
んが、決勝1戦目でカメさんチームに惨敗…。

全体的にブルがそこそこ入っているのが救いとはいえ、01とクリケのレーティングが2以上離れてるのはなんでだろう。まぁ、ブルはあんまり狙わなくても感覚で”この辺”って投げるとソコソコ入ってくれるからかなぁ。
うーん。
まだまだですなぁ。

さて。
優勝はトミー&イクミちゃん。
トミーは調子が上がらないといいつつも最後はきっちりとした感じで。
さすがです。

8/9 ZI-6491ナイトハウストーナメント

2008年08月11日 08:08

ということで8/9土曜日にZiのナイトハウストーナメントにいってきました。
総勢は26名くらいですか?いやぁ、すごいですね。
夜もすっかり定着してきた感があります。

例によって細かいことは覚えてないんですが、結果は3位。パートナーのオタカラさん?ん?違うか、Fさんに助けられっぱなしで。楽しかったです。奥様は2位。Yu-1さんとなら安心して投げられたでしょう。優勝は亀さんペア。いやぁ、いいっす。みてて清清しいっす。って年下の僕がいうのもなんかエラそうであれですけど。なんか、よかったっす。

素直に賞状を頂けた事がうれしいです。
奥様が上位だったので当然のようにオヤジさんにはなんか言われましたけどね。
今に、今に…。

問題はシングルス。
ダメな自分、とはわかっていても、ちょっと心にくる敗北でした。相手がどうの、というのが無いわけではないです。つまり、”続けてきた人に追い越された”っていう事実は色々と考えさせられますね。

まぁ、一晩たってみると色々踏ん切りがついたのでよかったな、と。
そしていろんなことを思い出し始めたのは驚き。

まず、決定的に忘れていたことがあって。
リズム。
あー、こんな大事なこと忘れてるんだもの。

ちなみに前にやってたリズム取りは、8ビートでバスドラとスネアのコンビネーションのイメージです。
ドン・タドドン。
わからんですね、これじゃ。
最初のドンがエイミング、タがテイクバック、ドがリリースで最後のドンが刺さる音。
リズム感に自信がなくてなかなかリズムを取る意味がわからなくて苦労してた点だけど、なんか急に思い出しました。最後のドンはハードで刺さる音がヒントで、刺さるまでの全体を1つに通してリズムにしてみると、なんか妙に納得できたので。
これで投げてみたら、なんだか酷く外れるような飛びが激減してきた感じです。
ほぉ。

それとD20を練習してて思い出した感覚が1つ。
狙いのイメージとリリースのイメージで、ああ、こうやってたな、前は。みたいのもでてきて。どうやって投げたらいいかわからなかった下がなんとなく違和感がなくなってきました。
へぇ。

それと手は伸ばすんだけど、ターゲットに向かって伸ばすことをことさら意識しすぎないように(でも下がるのはなんか良くない気がするのは確か)したら、ちょっとだけストレス無く投げれるような感じになってきました。

まぁ、なんだかんだいって練習量ですね。

練習のための練習にならないようにすることと、Mr.ボードとの一騎打ちについてはこれからの課題かと。両者になんか相関関係があるんじゃないかという気がしないでもない。
まぁ、あったところでどうだ、っていう話ですけど。

と思ったら、今朝から右の背中のスジを違えたっぽい。朝錬でストレッチを省略した報いなのか?そうなのか…。
最初は筋肉痛か?とおもったんだけど違うっぽい。

キョジャッキー、見参。

2008年6月 ZI-6491ナイトトーナメント

2008年06月16日 02:09

お久しぶりでございます。

ということで、久々にZIのナイトトーナメントに参加してきました。というかダーツ自体が久々な訳でしたが、まぁ、なんというか皆さんに非常に暖かく迎えていただき。

多謝でございます。

試合は、DWーJ様と組めるというとても幸運に恵まれたにも関わらず華麗にF.O.…。いや、ホントすみませんでした。だいぶ皆と差が付いちゃいましたねぇ。相当がんばらないと。

どんだけ通えるかまだ定かではないですけど、ちょっとづつでも投げる機会を増やしたいなぁ、と思いつつ、相変わらず皆のタフさには驚いて。数ヶ月のブランクで体力が落ちたとは思わないんだけど、いや、しかし、皆、タフだなと。

リーグ戦とか大きな大会とか1000点チャレンジとか色々ありますけど、なんというか、ソフトランディングな感じで徐々に戻していきたいな、と。

え?特にオチはないよ。

2007/12 ZI-6491 忘年ナイトハウストーナメント

2007年12月23日 17:17

えーっと、
枕話を思いつきません。

サタニです。

ということで、
昨日はZi-6491の忘年ナイトハウストーナメントに行って参りました。
忘年会シーズンのためか常連さん以外はいない感じでそれでも総勢16名参加。
横山農園の野菜がふんだんに使われたお鍋が振舞われ。
いや、マジでうまかったす。

ゲーム形式はドローダブルス501-Cricekt-501。
4チーム山のロビン2つでそれぞれの上位2チームが決勝トーナメントシングルイリミへ、という形で。

僕はまたまたまたまたFKDさんと組んで‥。
ドローだったんですけどね。
よほど引き合う運でもあるんでしょうか。

で、予選は気が付けば全勝で1位抜け、決勝トーナメントもなんとか最後までいき、決勝でFJ&ピョンちゃんペアに勝ち優勝。
勝てたのはほとんどFKDさんのお陰でした。僕は‥、ひどい時間が長すぎました。まだ糸口すらみつかりません。
そういえばたぶん、ナイトハウスでは初優勝のような気がします。

サイドシュートはシングルスでレーティングの上下にわけて、僕は上のほうの501マスターアウトに出場。これもなんとか決勝までいって宿敵FJと。しかし、ここでオヤジさんの一声で501セパブルダブルアウトにルール変更‥。削りはお互いほぼ互角でしたけど、最後はダブルを決められず負け‥。うーん。

奥様はこぐまさんと組んでいただき、予選ロビンが2勝1敗といいとこまでいったのに直接対決の結果で惜しくも抜けられず。家に帰ってきてからそうとうブーブーいってました。すごい悔しかったみたい。ふーん。ちょっと前までこういう側面はあまり見せなかったんですけどね。これでまた彼女のダーツに拍車がかかるのでしょうか、かからないのでしょうか。

今回は自作のエクセルでトーナメント管理するプログラムの試運転も行ないました。まだまだ検討すべきところは多々あり過ぎですけども、そこそこ使えるような感触はなくはないです。人様にお見せするにはまだまだ時間がかかりそうなんで、まぁ空いてる時間(あるのか?)でえっちらと作り込んでいきたいなぁと。

ということで、2007年のホームのハウスはこれですべて終了。
一年間、皆様お疲れ様&ありがとうございました。
また、来年、皆で一緒に盛り上がっていけたらいいなぁ、と思います。

D1リーグ 埼玉トーナメント

2007年12月17日 07:00

ということで、D1の埼玉リーグ参加店限定の大会に行ってきました。
会場はホームのすぐ近くのビルで。もちろん地元民なんでビルの存在は知ってたけどあんなちゃんとしたホールがあるとは知りませんでした。へぇ。参加数は6,70名以上でしょうか。リーグで見知った顔の方に会うのはもちろん、東地区で普段あまり交流のない人たちとも会えてよかったです。ダーツ始めたばかりのころ池袋I&Kで知り合いになったシンペイ君に会えて。いやぁ、あいかわらず好青年でした。

試合はA,Bの2フライトに分かれてのダブルス。ゲーム形式はどちらのフライトも501-Cricket-501。予選はロビン、上位2チームが決勝トーナメントへ。僕はFKDさんと組んでAフライトへ。

ロビンは5チーム山。
本年度埼玉代表チームGus-istのKさんペア、ハットトリックからユミックさんを含む2チーム、そして本年度のZiZiのキャプテンHさんペア、とずらりと。正直見た瞬間、”ああ…”という感じ。この前の東京大会みたいに緒戦でヒヨってたらまずいぞ、とおもいつつも気負い過ぎないでいってみました。

で、
蓋を開けてみると自分も結構いい感じで投げれて、パートナーのFKDさんもいい感じで気が付けば緒戦から3連勝して3-1で2位抜け。ユミックさんペアに勝てたのはホントうれしかったっす。ま、その喜びも決勝戦みて吹っ飛びましたが。
決勝トーナメント1回戦は来シーズンのチームメートのFちゃん&Hちゃんペアと。なんとか勝って。次が善々さんのペア、でここで負け…。すっかり終わった気分で弁当喰ってたらコールが…。3位決定戦、あったんですね。相手は来シーズン、ホームからリーグ戦に参加するAちゃんペア。軽くひねられました…。4位でした。

そのあとサイドシュートのメンズ501シングルスにエントリーするも1回戦でパピーにやられ…。1ラウンドでBULL1本しか入らないんじゃなぁ。上がりも失敗し、最後までうだつの上がらないダーツでした。パピー、すまんす。

今回は反省点がほんとに多いんですけど、決勝トーナメント2回戦でここのペアだけには絶対勝ちたい、と思ったゲームでなかなかエンジンがかからず、結局クリケの中盤になるまで取りもどせなかった…、というのがほんと悔しいというか、どう表現したらいいのかわからん感じです。まぁ、理由はどうあれゲーム中あれだけイライラしてたら入るもんも入りませんね。集中力を取り戻すのにまだまだ時間がかかりすぎます。

Aフラの優勝はユミックさんペア。2位は善々さんのペア。決勝戦をみてユミックさんのほんとの強さをちょっと知った感じです。ロビンのときとは別人でした。なんとかあのユミックさんを引き出して勝負してもらえるくらい強くなりたいもんです。

しかし、ダブルスは難しいです。特にファーストを打つというのは。まだ足りないものが多いですね。経験値貯めないと。先人から教えてもらったファーストの心得、”勝ったらパートナーのお陰、負けたら自分のせいと思え”っていう教訓が身に染みましたよ。

奥様はクラッシャーと組んでBフラで見事3位入賞。すごいんですねぇ。奥様、サイドシュートのレディース501でアラクニッドのマシンに上がり目が出ないことにたじろぎ、それとなく助けを求めてきましたが、後ろで見ていたとはいえゲーム部外者だからアレンジを教えてあげることもできず、本人はゲーム後「アレンジ覚えなきゃだめだわ」と言ってました。もっと強くなりそうです。
負けないわよ。

他の入賞はお友達が多く。AKIちゃんペアがBフラ優勝。シンペイ君はBフラ2位。AちゃんペアはAフラ3位、でした。

しかし、こういう企画っていいですねぇ。楽しかったです。運営関係者の皆様、ありがとうございました。

ホームでちょっと投げて集中力の欠片もないことに気づき、疲れきって早めに帰って寝たわりには夜中に目が覚め、今回の大会会場で買ったburn.2007のDVDを観る。
えっと、これって僕らがやってるのと同じゲームですか…、というくらいの凄さ。
気が付いたら朝…。

ちゃんと寝ろよ。

さて、これからはハードにシフトしようと思います。
目指すは年明けのオープン大会。
オープン大会だからどんなヘタクソでも出られるのさ、と嘯いてみる。
…がんばろっと。

ADAJ FINAL in Tokyo

2007年12月10日 07:00

ということで、ADAJ FINALに東京ビックサイトまでいってきました。
今回も9月のD-1 MAX SAITAMA 2007に続いて奥様とダブルス。Cフライトで出場。ゲーム形式は501-Cricket-501。予選はラウンドロビン1,2位抜け。そのあとは決勝トーナメントはシングルイリミネーション。
ホームのZi-6491からは6組出場とこれまた9月のD-1 MAX SAITAMA 2007の時と同数でホームとしては最多の出場数。

12時開始が1時間半押しでスタート。都合2時間は待ったわけで‥。その間、ダンデリオンの皆さんのとこにお邪魔させていただいたりして。ダンデの皆さん、ありがとうございました。

今回の目標は、もちろん1勝でも多くとること、なんだけどその前に、奥様に一日楽しんでもらうことと、自分的には今までの経験上、緊張したりナーバスになって入らなくなるだろうから、ZO-NOGさんに以前頂いたアドバイス、”緊張したなかでいかに投げていくかみつけよう”というテーマを試行錯誤する機会、という位置付けでいってみました。

予選ロビンは4チーム山。恐れていた通り緒戦でまったく入らず。01はBULL1本。クリケは‥考えるだに恐ろしい‥。結果的にそのゲームはスト負けしたんですが、最後のBULLでまくっているときにやっとあることに気付いて入る感覚が戻って。2ゲーム目は奥様もほぐれてきて最初の01で奥様と二人で4連続TONとか派手に。クリケがなかなかだめでしたが二人してBULLがよくなってきたので01で拾う展開で。3ゲームはクリケもあい始めてロビン2勝1敗で、2位抜け。

決勝トーナメントはあんまりゲームごとの記憶がないんですけど結局7試合目ぐらいまでいって、結果はベスト4。3位を頂きました。最後は気持ちはあるのに入らなくなって負けました。正直、3位の実感、って一夜あけてもないんですけども、とにかく長く堪えつづけたゲームの連続でしたがほんと楽しかったです。ほんとのとこは決勝のピッチに立ちたかったんですけどね‥。

ということで、写真のみですがJ-STUDIOデヴューっす。
(奥様の名前間違えてる‥。マサミさん、なんて家にはいません‥)

思い返してみると今回のキーポイントはロビン緒戦にあったと思います。緊張した中でどうなげるか、がテーマだったくせに入らなくていつものやられた感じの中、なんとか入る感じを取り戻そうと必死に足掻いて、時間はかかったけどうまいこと取り戻せたのはちょっと自信になりました。それでも1ゲーム落としてからではリーグ戦とかのシビアな局面ではなんともならないことはあるんでしょうが、今の僕の実力としてはそんなもんなんでしょう。これをいかに短くしていくか。
決勝トーナメントでも何度か入らない感じになっては戻し、の連続でしたけど”入る”という自信で集中を呼び戻す作業を何回もやっていく感じでした。やっぱり、ダーツの面白みの質が始めたころとはだいぶ違ってきてます。言葉では上手くいえないんだけど。

奥様としては、そうとう楽しめたようです。それも大きな収穫でした。ゲーム中に投げて帰ってきて「たのしい」と言われたときは、自分がナーバスなときだったこともあり、相当救われたり。終盤はいかに奥様を笑わせるかも大事なポイントでしたね。やっぱ楽しくないと。

昨夜はホームの皆やZi-6491に投げに来てくれる人達が最後までたくさん残って応援してくれました。これが本当に本当に支えになりました。相変わらずゲーム中はむっつりしがちな私で申し訳ないんですが、仲間のありがたさが身にしみた一日でした。どうも、ありがとうございました。

それと、ZO-NOGさんにもゲームの間にちょくちょく会えて励ましていただき。多謝でございます。

J様、ビールご馳走様でした。J様が喜んでくれるとなんだかとっても嬉しかったっす。

オヤジさんにはお店で報告しましたが、喜んでいたのは僕に、というよりは奥様に、でしょう。いやいや、ありがとうございます。

さて。
今はとにかくもっと上で投げたい気分でいっぱいです。がんばろっと。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。